Chinachuのメモリ周りを調整してみたのでメモ。(検証中)

2019/1/28追記: メモリを4GBから16GBに増設したこともあって、録画が中断されることはなくなった。

バッファを増やす

TSFilterがバッファオーバーフローを起こして録画が中断されることがある。
サーバー設定のhighWaterMarkでバッファを設定できる。推奨されていないので程々に数倍程度。
デフォルトは25165824(24MB)

$ sudo mirakurun config server
#highWaterMark: 25165824 # integer (bytes)
#highWaterMark: 67108864 # 64MB
highWaterMark: 134217728 # 128MB
#highWaterMark: 268435456 # 256MB

ヒープサイズを増やす

使い切って録画を出力できなくなる時もこれで解決する。Mirakurunのアップデートのたびに実行する必要がある。

追記: mirakurun@2.8.0以降は–unsafe-permをつけずにアップデートすれば再設定する必要はない。

メモリの搭載量と相談して程々に。highWaterMarkを増やすときは一緒に増やす。
デフォルトでは256(MB)(追記: mirakurun@2.8.0以降は512)

sudo pm2 start mirakurun-server --node-args --max_old_space_size=1024

関連記事


12月 31st, 2018

Posted In: ソフトウェア

タグ: ,

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください