今回はカーネルの縛りがない非公式ドライバを使用する。現行で一番サポートが長いUbuntu 18.04 LTSに導入した。PX-W3PE4、PX-Q3U4、PX-Q3PE4でも手順は共通。

ドライバの導入

READMEの通りにやればできる。カーネルのアップデートに追従するためDKMSを使用した。

パッケージのインストール

$ sudo apt install -y git build-essential dkms

ドライバのダウンロード

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ git clone https://github.com/nns779/px4_drv.git

ファームウェアのインストール

$ cd ~/src/px4_drv/fwtool/
$ make
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/pxw3u4/pxw3u4_BDA_ver1x64.zip -O pxw3u4_BDA_ver1x64.zip
$ unzip -oj pxw3u4_BDA_ver1x64.zip pxw3u4_BDA_ver1x64/PXW3U4.sys
$ ./fwtool PXW3U4.sys it930x-firmware.bin
$ sudo mkdir -p /lib/firmware
$ sudo cp it930x-firmware.bin /lib/firmware/

ドライバを更新するときは一度削除する

$ sudo dkms remove px4_drv/0.1.0 --all
$ sudo rm -rf /usr/src/px4_drv-0.1.0

ドライバのインストール

$ cd ~/src/px4_drv/
$ sudo cp -av ./ /usr/src/px4_drv-0.1.0
$ sudo dkms add px4_drv/0.1.0
$ sudo dkms install px4_drv/0.1.0
$ sudo modprobe px4_drv
$ ls /dev/px4video*
/dev/px4video0
/dev/px4video1
/dev/px4video2
/dev/px4video3

デコーダの導入

パッケージのインストール

$ sudo apt install -y cmake libpcsclite1 libpcsclite-dev pcscd pcsc-tools

libarib25をインストール

$ cd ~/src/
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

recpt1を導入

パッケージのインストール

$ sudo apt install -y autoconf automake

recpt1をインストール

$ cd ~/src/
$ git clone https://github.com/stz2012/recpt1.git
$ cd recpt1/recpt1/
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-b25
$ make
$ sudo make install

録画テスト

実際に録画してみる。0,1が衛星波、2,3が地上波。チューナーが増えた場合も衛星波2、地上波2の順で繰り返される。

$ cd ~
$ recpt1 --device /dev/px4video0 --lnb 15 --b25 --strip BS15_0 10 bs0.m2ts
$ recpt1 --device /dev/px4video1 --lnb 15 --b25 --strip BS01_2 10 bs1.m2ts
$ recpt1 --device /dev/px4video2 --b25 --strip 27 10 gr0.m2ts
$ recpt1 --device /dev/px4video3 --b25 --strip 27 10 gr1.m2ts

Chinachu on Ubuntu 18.04 LTS (2019年1月版)

関連記事


1月 23rd, 2019

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください