Chinachu (γ) on Ubuntu 16.04 LTS (2017夏)の焼き直しでLinuxでPX-W3U4を使う(2019年1月版)の続き。

現行のLinuxで使えるチューナー(国内販売)

USB2.0のチューナーしかない。CentOSはカーネルが古いので、PX-S1UDを使えない。

Node.jsのインストール

$ sudo apt install -y curl
$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_10.x | sudo -E bash -
$ sudo apt install -y nodejs

Mirakurunのインストール

$ sudo npm install pm2 -g
$ sudo npm install mirakurun -g --unsafe-perm --production

arib-b25-stream-testのインストール

$ sudo apt install -y pkg-config
$ sudo npm install arib-b25-stream-test -g --unsafe

Mirakurunの設定

チューナーの設定

$ sudo mirakurun config tuners


チャンネルの設定

$ sudo mirakurun config channels


地上波はチャンネルスキャンで設定するので、BS/CSのチャンネルだけで十分。普通はserviceIdなしで問題ない。

設定を反映

$ sudo mirakurun restart

チャンネルスキャン

$ curl -X PUT "http://localhost:40772/api/config/channels/scan"

チャンネル設定を反映

$ sudo mirakurun restart

Chinachuのインストール

インストール

$ git clone git://github.com/kanreisa/Chinachu.git ~/chinachu
$ cd ~/chinachu/
$ ./chinachu installer
Chinachu Installer Menu:
[!] These are installed under all /home/user/chinachu/...
[!] Recommend the Auto installation.
1) Auto (full)          3) Node.js Environment  5) ffmpeg
2) submodule            4) Node.js Modules
what do you install? > 1
selected: Auto (full)

設定

$ tr -d \\r < config.sample.json > config.json
$ vi config.json
"uid": "user",

Chinachuを動作させるユーザーを設定

空の予約ルールを作成

$ echo [] > rules.json

動作チェック

$ ./chinachu service wui execute
^C
$ ./chinachu update

サービスを登録

$ sudo pm2 start processes.json
$ sudo pm2 save

関連記事


1月 28th, 2019

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください