Chinachu (γ) on Ubuntu 16.04 LTS (2017夏)の焼き直しでLinuxでPX-W3U4を使う(2019年1月版)の続き。

現行のLinuxで使えるチューナー(国内販売)

USB2.0のチューナーしかない。CentOSはカーネルが古いので、PX-S1UDを使えない。

Node.jsのインストール

$ sudo apt install -y curl
$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_10.x | sudo -E bash -
$ sudo apt install -y nodejs

Mirakurunのインストール

$ sudo npm install pm2 -g
$ sudo npm install mirakurun -g --unsafe-perm --production

arib-b25-stream-testのインストール

$ sudo apt install -y pkg-config
$ sudo npm install arib-b25-stream-test -g --unsafe

Mirakurunの設定

チューナーの設定

$ sudo mirakurun config tuners


チャンネルの設定

$ sudo mirakurun config channels


地上波はチャンネルスキャンで設定するので、BS/CSのチャンネルだけで十分。普通はserviceIdなしで問題ない。

設定を反映

$ sudo mirakurun restart

チャンネルスキャン

$ curl -X PUT "http://localhost:40772/api/config/channels/scan"

チャンネル設定を反映

$ sudo mirakurun restart

Chinachuのインストール

インストール

$ git clone git://github.com/kanreisa/Chinachu.git ~/chinachu
$ cd ~/chinachu/
$ ./chinachu installer
Chinachu Installer Menu:
[!] These are installed under all /home/user/chinachu/...
[!] Recommend the Auto installation.
1) Auto (full)          3) Node.js Environment  5) ffmpeg
2) submodule            4) Node.js Modules
what do you install? > 1
selected: Auto (full)

設定

$ tr -d \\r < config.sample.json > config.json
$ vi config.json
"uid": "user",

Chinachuを動作させるユーザーを設定

空の予約ルールを作成

$ echo [] > rules.json

動作チェック

$ ./chinachu service wui execute
^C
$ ./chinachu update

サービスを登録

$ sudo pm2 start processes.json
$ sudo pm2 save

1月 28th, 2019

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , ,

Leave a Comment

今回はカーネルの縛りがない非公式ドライバを使用する。現行で一番サポートが長いUbuntu 18.04 LTSに導入した。PX-W3PE4、PX-Q3U4、PX-Q3PE4でも手順は共通。

ドライバの導入

READMEの通りにやればできる。カーネルのアップデートに追従するためDKMSを使用した。

パッケージのインストール

$ sudo apt install -y git build-essential dkms

ドライバのダウンロード

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ git clone https://github.com/nns779/px4_drv.git

ファームウェアのインストール

$ cd ~/src/px4_drv/fwtool/
$ make
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/pxw3u4/pxw3u4_BDA_ver1x64.zip -O pxw3u4_BDA_ver1x64.zip
$ unzip -oj pxw3u4_BDA_ver1x64.zip pxw3u4_BDA_ver1x64/PXW3U4.sys
$ ./fwtool PXW3U4.sys it930x-firmware.bin
$ sudo mkdir -p /lib/firmware
$ sudo cp it930x-firmware.bin /lib/firmware/

ドライバを更新するときは一度削除する

$ sudo dkms remove px4_drv/0.1.0 --all
$ sudo rm -rf /usr/src/px4_drv-0.1.0

ドライバのインストール

$ cd ~/src/px4_drv/
$ sudo cp -av ./ /usr/src/px4_drv-0.1.0
$ sudo dkms add px4_drv/0.1.0
$ sudo dkms install px4_drv/0.1.0
$ sudo modprobe px4_drv
$ ls /dev/px4video*
/dev/px4video0
/dev/px4video1
/dev/px4video2
/dev/px4video3

デコーダの導入

パッケージのインストール

$ sudo apt install -y cmake libpcsclite1 libpcsclite-dev pcscd pcsc-tools

libarib25をインストール

$ cd ~/src/
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

recpt1を導入

パッケージのインストール

$ sudo apt install -y autoconf automake

recpt1をインストール

$ cd ~/src/
$ git clone https://github.com/stz2012/recpt1.git
$ cd recpt1/recpt1/
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-b25
$ make
$ sudo make install

録画テスト

実際に録画してみる。0,1が衛星波、2,3が地上波。チューナーが増えた場合も衛星波2、地上波2の順で繰り返される。

$ cd ~
$ recpt1 --device /dev/px4video0 --lnb 15 --b25 --strip BS15_0 10 bs0.m2ts
$ recpt1 --device /dev/px4video1 --lnb 15 --b25 --strip BS01_2 10 bs1.m2ts
$ recpt1 --device /dev/px4video2 --b25 --strip 27 10 gr0.m2ts
$ recpt1 --device /dev/px4video3 --b25 --strip 27 10 gr1.m2ts

Chinachu on Ubuntu 18.04 LTS (2019年1月版)


1月 23rd, 2019

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , ,

2 Comments

Chinachuのメモリ周りを調整してみたのでメモ。(検証中)

2019/1/28追記: メモリを4GBから16GBに増設したこともあって、録画が中断されることはなくなった。

バッファを増やす

TSFilterがバッファオーバーフローを起こして録画が中断されることがある。
サーバー設定のhighWaterMarkでバッファを設定できる。推奨されていないので程々に数倍程度。
デフォルトは25165824(24MB)

$ sudo mirakurun config server
#highWaterMark: 25165824 # integer (bytes)
#highWaterMark: 67108864 # 64MB
highWaterMark: 134217728 # 128MB
#highWaterMark: 268435456 # 256MB

ヒープサイズを増やす

使い切って録画を出力できなくなる時もこれで解決する。Mirakurunのアップデートのたびに実行する必要がある。

追記: mirakurun@2.8.0以降は–unsafe-permをつけずにアップデートすれば再設定する必要はない。

メモリの搭載量と相談して程々に。highWaterMarkを増やすときは一緒に増やす。
デフォルトでは256(MB)(追記: mirakurun@2.8.0以降は512)

sudo pm2 start mirakurun-server --node-args --max_old_space_size=1024

12月 31st, 2018

Posted In: ソフトウェア

タグ: ,

Leave a Comment

PX-W3U4のBS再編への対応がバイナリの編集で面倒だなと思っていたら新しいLinux向けドライバが公開された。それぞれで今まで通り導入できるか再検証してみる。
今回公開されたドライバはCentOS 7、Ubuntu 18.04 LTS、Debian 9が対象、すべてx64。最新の安定版ディストリビューションが使えるのは有り難い。
やり方はPX-Q3U4, PX-W3PE4, PX-Q3PE4もおそらく共通。
非公式ドライバ向け記事

EPELリポジトリを追加(CentOS)

CentOSはEPRLのパッケージが必要なので追加する。

$ curl -LO http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh epel-release-latest-7.noarch.rpm

ドライバのダウンロード(CentOS)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ sudo yum install -y unzip
$ curl -LO http://plex-net.co.jp/plex/linux/CentOS7-1804_64bit_kernel3.10.0-862.zip
$ unzip CentOS7-1804_64bit_kernel3.10.0-862.zip
$ cd CentOS7-1804_64bit_kernel3.10.0-862/

ドライバのダウンロード(Ubuntu)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/linux/Ubuntu18.04_64bit_kernel4.15.0-23.zip
$ unzip Ubuntu18.04_64bit_kernel4.15.0-23.zip
$ cd Ubuntu18.04_64bit_kernel4.15.0-23/

ドライバのダウンロード(Debian)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ sudo apt install -y unzip
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/linux/Debian9.4_64bit_kernel4.9.0-6.zip
$ unzip Debian9.4_64bit_kernel4.9.0-6.zip
$ cd Debian9.4_64bit_kernel4.9.0-6/

DKMSをインストール(CentOS)

ドライバ周りの操作を自動化するためにDKMSを使用する。これでカーネルのアップデートがあった場合も自動的に適応できる。

$ sudo yum install -y dkms kernel-headers kernel-devel

DKMSをインストール(Ubuntu, Debian)

$ sudo apt install -y dkms

ドライバをインストール

モジュールをコピーするだけの設定を作る。

$ sudo mkdir -p /usr/src/px4-1806/
$ sudo cp -v *.ko /usr/src/px4-1806/
$ sudo vi /usr/src/px4-1806/dkms.conf

$ sudo dkms install -m px4 -v 1806

udevのルールを作成

アップデートに備えてモジュールを強制ロードできるようにする(効果は未検証)。チューナーの接続時にmodprobeを–forceオプションを付きで実行させる。デバイスファイルのパーミッションも設定する。

$ sudo vi /etc/udev/rules.d/99-px4.rules
ACTION=="add", SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="0511", ATTR{product}=="*[QW]3*4", RUN+="/sbin/modprobe -f usb-px4"
KERNEL=="px4-DTV*", GROUP="video", MODE="0666"
$ sudo reboot
$ ls /dev/px4-DTV*
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

libarib25を導入(CentOS)

内蔵のカードリーダーは使えないので別途用意する。CentOSは/usr/local/libへのパスを通す。

$ cd ~/src/
$ sudo yum install -y git cmake gcc-c++ pcsc-lite pcsc-lite-devel pcsc-tools
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install
$ sudo sh -c "echo /usr/local/lib >> /etc/ld.so.conf.d/libc.conf"
$ sudo ldconfig

libarib25を導入(Ubuntu, Debian)

$ cd ~/src/
$ sudo apt install -y git build-essential cmake libpcsclite1 libpcsclite-dev pcscd pcsc-tools
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

ここで何も出ない時は再起動するとうまくいく場合がある。

CentOS 6のドライバをダウンロード(CentOS)

CentOS 6のドライバに付属しているrecpt1を使う。

$ cd ~/src/
$ curl -LO http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip
$ unzip Linux_Driver.zip

CentOS 6のドライバをダウンロード(Ubuntu,Debian)

CentOS 6のドライバに付属しているrecpt1を使う。

$ cd ~/src/
$ wget http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip
$ unzip Linux_Driver.zip

recpt1を導入

B25を有効にするためリビルド。通常のrecpt1と区別するためリネームした。今回もchecksignalは動作しない。
–helpで表示されるチャンネルを修正するにはrecpt1core.cの286行目以降を書き換える。

$ cd ~/src/Linux_Driver/MyRecpt1/MyRecpt1/recpt1/
$ make clean
$ vi recpt1core.c

$ sh configure --enable-b25
$ make
$ sudo install -m 755 recpt1 /usr/local/bin/recpx4
$ sudo install -m 755 recpt1ctl /usr/local/bin/recpx4ctl

録画テスト

実際に録画してみる。0,1が衛星波、2,3が地上波。チューナーが増えた場合も衛星波2、地上波2の順で繰り返される。

$ cd ~
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV0 --lnb 15 --b25 --strip BS15_0 10 bs0.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV1 --lnb 15 --b25 --strip BS01_2 10 bs1.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV2 --b25 --strip 27 10 gr0.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV3 --b25 --strip 27 10 gr1.m2ts

6月 29th, 2018

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , ,

One Comment

CentOS 6だけに対応していたときの覚書。今は他のディストリビューションにも対応しているので古い情報。
追記: 新しい情報はこちら

PX-W3U4のセットアップ

unzipのインストール

# yum install unzip -y

ドライバをダウンロード

# curl -LO http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip

ドライバモジュールをロード

# unzip Linux_Driver.zip
# cd  Linux_Driver/Linux_Driver/
# insmod tty_Virtual.ko
# insmod usb-px4.ko

認識されているか確認

# ls /dev/px4-DTV?
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

再起動すると元に戻るので自動的にロードさせる
ドライバをコピー

# cp -v tty_Virtual.ko usb-px4.ko /usr/local/lib64/
`tty_Virtual.ko' -> `/usr/local/lib/tty_Virtual.ko'
`usb-px4.ko' -> `/usr/local/lib/usb-px4.ko'

設定を追加

# vi /etc/sysconfig/modules/usb-px4.modules
#!/bin/sh
/sbin/insmod /usr/local/lib64/tty_Virtual.ko
/sbin/insmod /usr/local/lib64/usb-px4.ko

実行権限を追加

# chmod +x /etc/sysconfig/modules/usb-px4.modules

recpt1をインストール

# cd ../MyRecpt1/MyRecpt1/recpt1
# install -m 755 recpt1 /usr/local/bin/recpx4
# install -m 755 recpt1ctl /usr/local/bin/recpx4ctl

ビルドは必要ない。PT1/2/3用とややこしいのでrecpx4にリネームしておく

Mirakurunを導入

内蔵カードリーダーは使えないのでカードリーダーを別途用意する。

NodeJSをインストール

# curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_6.x | bash -
# yum install -y nodejs

arib-b25-stream-testをセットアップ(EPELの導入が必要)

# curl -LO http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm                          
# yum install gcc-c++ pcsc-lite pcsc-lite-devel pcsc-tools
# npm install arib-b25-stream-test -g --unsafe

そのままではサービスがうまく起動しないので再起動する

# reboot

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

PM2のインストール

# npm install pm2 -g
# pm2 startup

Mirakurunのインストール

# npm install mirakurun -g --unsafe --production

Mirakurunのチューナー設定

# mirakurun config tuners

0,1が衛星波、2,3が地上波になる

Mirakurunのチャンネル設定

# mirakurun config channels

BS/CSのチャンネルだけ登録する

チャンネルスキャンで地上波のチャンネルを設定する

# mirakurun restart
$ curl -X PUT "http://localhost:40772/api/config/channels/scan"
# mirakurun restart

別のマシンからアクセスできるようにファイアウォールを設定する

# iptables -I INPUT -p tcp -m tcp --dport 40772 -j ACCEPT
# service iptables save

1月 7th, 2018

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , ,

Leave a Comment

通知の必要なスクリプトとTwitterを連携するためにTTYtterを導入してみた。

インストール

aptでインストールできる。

$ sudo aptitude install ttytter

認証

初めて使うときにOAuth認証が行われる。SSLが必須なのでsslオプションを指定する。

$ ttytter -ssl

URLが表示される

1. Visit, in your browser, ALL ON ONE LINE,

https://api.twitter.com/oauth/authorize?oauth_token=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

ブラウザでURLに接続する。ログインして、連携アプリを認証すると、数字が表示される。この数字を入力する。

5. A PIN will appear. Enter it below.

Enter PIN>0123456

認証は完了。もう一度実行するとタイムラインが表示される。

コマンドラインでツイートする

コマンドラインから簡単にツイートできる。

$ ttytter -ssl -status="<ツイートする内容>"

改行は使用できない。文字数を超えてしまうと失敗する。autosplitオプションで自動分割される。

$ ttytter -ssl -autosplit -status="<ツイートする内容>"

設定

~/.ttytterrcで初期設定を保持できる。sslオプションを省略するには~/.ttytterrcを次のようにする。

vi ~/.ttytterrc
ssl=1

sslオプションを指定しなくてもSSLで通信するようになる。

アクセストークンの取得

開発アカウント以外で面倒な別アカウントのアクセストークンの取得をttytterで行う。

$ ttytter -ssl -oauthwizard -keyf=./<出力先ファイル> -oauthkey=<ConsumerKey> -oauthsecret=<ConsumerSecret>

oauthwizardオプションでOAuth認証が行われる。オプションで出力先ファイル、ConsumerKey、ConsumerSecretを指定している。出力先にディレクトリが含まれないと~/.ttytterkey<ファイル名>に出力される。

アクセストークンを確認する。

$ cat <出力先ファイル>
ck=X&cs=X&at=<AccessToken>&ats=<AccessTokenSecret>

4月 12th, 2015

Posted In: ソフトウェア, ウェブ

タグ: , , ,

Leave a Comment

jsを簡単に編集しようとエディタのAtomを入れてみた。パッケージを使って機能を拡張できる。

日本語化にはパッケージのlocalizationを使うが、簡単にはインストールできなかった。ふと、"japanese"でパッケージを検索してみると、japanese-menuというプラグインを見つけた。インストールするだけでメニューが日本語になる。localizationと違い右クリックメニューまで日本語化される。japanese-menujapanese-wrapを入れて日本語化は完了。

用途に合わなかったのでAtomは使っていない。


4月 7th, 2015

Posted In: ソフトウェア

タグ:

Leave a Comment

JKCommentGetterを使えば、ニコニコ実況のコメントを簡単に取得できる。これをLinuxで使ってみる。

JKCommentGetterの導入

ソースを取得する

git clone https://github.com/ACUVE/JKCommentGetter.git

実行してみる

$ cd JKCommentGetter
$ ruby JKCommentGetter.rb
JKCommentGetter.rb.orig:82: invalid multibyte char (US-ASCII)
JKCommentGetter.rb.orig:81: syntax error, unexpected $end, expecting tSTRING_CONTENT or tSTRING_DBEG or tSTRING_DVAR or tSTRING_END

エラーが出て動かない

文字コードを指定すると動く

$ ruby -Ku JKCommentGetter.rb
** 引数が足りません **

Usage: ruby JKCommentGetter.rb チャンネル 取得時間範囲のはじめ 取得時間範囲のおわり [option...]
Options:
  -m sec  --margin sec                取得時間範囲の前後を指定秒だけ広げます
  -s sec  --start-margin sec          取得時間範囲のはじめを指定秒だけ早くします
  -e sec  --end-margin sec            取得時間範囲のおわりを指定秒だけ遅くします
  -f [filename]  --file [filename]    出力するファイル名を指定します
  -x  --xml                           出力フォーマットをXMLにします
  -j  --jkl                           出力フォーマットをJikkyoRec互換っぽくします
  -t  --time-header                   NicoJKフォーマットの一番初めに時刻ヘッダを追加します
  -o comment  --comment commment      ファイルの頭の辺りに指定したコメントを追加します
  -b path  --base-path path           ファイル出力のフォルダを指定します
  -d  --directory                     チャンネルと同じ名前のフォルダの中にファイルを出力します
  -c  --check-file                    取得時間範囲がよく似たファイルが存在する場合ダウンロードしなくなります
  -a sec  --check-range sec           よく似たファイルと判定する時間範囲を設定します
  -r num  --retry num                 取得エラーが発生した際に再取得へ行く回数
  -i cookie  --cookie cookie          Cookieとして利用する文字列を与えます
  -p  --perfect                       完全なコメントが取得できたと保証できない時にエラーで落ちるようにします
  -w  --working-directory             カレントディレクトリをスクリプトがあるフォルダにします
  -h  --help                          このヘルプを表示し終了します

    詳細は README.md をご覧ください

スクリプトを直接実行するにはJKCommentGetter.rbとJKComment.rbの先頭に次の二行を追加する。

#! ruby -EUTF-8
# -*- mode:ruby; coding:utf-8 -*-
$ vi JKComment.rb
$ vi JKCommentGetter.rb #追記
$ chmod +x JKComment.rb JKCommentGetter.rb
$ ./JKCommentGetter.rb

そのままではログインにCookieが必要なので、自動取得できるようにする。JKCommentGetter.rbのgetCookieを書き換えてcurlでCookieを取得させる。

diff

emailとpasswordはそれぞれ書き換える。

次のように使う

$ ruby -Ku JKCommentGetter.rb jk1 `date -d "4:00" +%s` 30m -x -f output.xml

この場合、NHK総合の4時から30分後までのログをXML形式でoutput.xmlに保存される。日付はUNIX時間かYYYYMMDDhhmmss形式で指定する。終わりの時間は経過時間を数字にs,m,h,dなどの単位をつけても指定できる。詳しい使い方は配布元に書いてある。

簡易スクリプト

対話形式でチャンネルと時間を指定するシェルスクリプトを書いてみた。

$ sh jkget.sh -x -f /path/to/output.xml
jk1   NHK 総合    jk101  NHKBS-1            jk231  放送大学
jk2   Eテレ       jk103  NHK BSプレミアム   jk234  BSグリーンチャンネル
jk4   日本テレビ  jk141  BS 日テレ          jk236  BSアニマックス
jk5   テレビ朝日  jk151  BS 朝日            jk238  FOX bs 238
jk6   TBS テレビ  jk161  BS-TBS             jk241  BSスカパー!
jk7   テレビ東京  jk171  BSジャパン         jk242  J Sports 1
jk8   フジテレビ  jk181  BSフジ             jk243  J Sports 2
jk9   TOKYO MX    jk191  WOWOWプライム      jk244  J Sports 3
jk10  テレ玉      jk192  WOWOWライブ        jk245  J Sports 4
jk11  tvk         jk193  WOWOWシネマ        jk251  BS釣りビジョン
jk12  チバテレビ  jk200  スターチャンネル1  jk252  IMAGICA BS
                  jk201  スターチャンネル2  jk255  BS日本映画専門チャンネル
                  jk202  スターチャンネル3  jk256  ディズニー・チャンネル
                  jk211  BSイレブン         jk258  Dlife
                  jk222  TwellV             jk910  SOLiVE24
Channel>1
jk1
Date>4:00
2015年  2月 22日 日曜日 04:00:00 JST
Length(min)>30
/path/to/JKCommentGetter.rb jk1 1424545200 30 -x -f /path/to/output.xml
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100    57    0     0  100    57      0     49  0:00:01  0:00:01 --:--:--    51
log: jk1 を 2015-02-22 04:00:00 +0900 から 2015-02-22 04:30:00 +0900まで取得します
log: スレッド1424545201から読み込み開始: start_time=2015-02-22 04:00:01 +0900, end_time=2015-02-22 16:20:03 +0900
log: スレッド1424545201から629コメント読み込んだ: 2015-02-22 04:00:09 +0900
log: スレッド1424545201から読み取り完了: size=629
log: スレッド1424458801から読み込み開始: start_time=2015-02-21 04:00:01 +0900, end_time=2015-02-22 04:00:15 +0900
log: スレッド1424458801から1000コメント読み込んだ: 2015-02-22 01:06:28 +0900
log: スレッド1424458801から読み取り完了: size=6
log: /path/to/output.xml へ出力します
OFFSET: 0

OFFSETには開始時間を再生時間0秒に合わせるための秒数が表示される。こめたんぷれいやのシフトなどに指定する。

ソース

再生ソフト(Windows)

Linuxのソフトは不明。Androidにはエンコードが必要だがNicoLがある。

TVTestTvTPlayプラグインとNicoJKプラグインを利用する。
導入に手間はかかるがTSファイルの時間に合わせてログが再生される。この場合はrecpt1などにsidオプションを指定するとTOTが削られ使用できなくなる。TSファイル専用。
こめたんぷれいや
コメント設定でシフトを設定する必要はあるが、TSファイル以外の動画にも対応する。TSファイルの再生にはLavFiltersが必要。

2月 22nd, 2015

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , ,

Leave a Comment

PT1/PT2のDVBとMythTV @Wikiに置かれているパッチと修正版BSパッチをgithubにまとめてみた。パッチはgit-diffで作成した。Debian wheezyで軽く動作確認。

BS対応がたった1行移植し忘れてるだけとは思わなかった。これでGWに帰省したらOSのアップグレードができる。


4月 26th, 2014

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , ,

Leave a Comment

Debianのパッケージでlibvirtdを導入している。libvirtグループに所属していれば一般ユーザーでもvirt-managerで仮想マシンの管理ができるが、virshでの操作が行えない。一般ユーザーにはデフォルトのホストが設定されていないからだ。

仮想マシンが稼働している環境でも一覧が表示されない。

$ virsh list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------

接続先のURIが指定してみると表示される。

$ virsh -c qemu:///system list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 1     www                            running

rootにはデフォルトの接続先が設定されている。これは/etc/libvirt/libvirt.confで設定できる。

$ cat /etc/libvirt/libvirt.conf | grep uri_default
#uri_default = "qemu:///system"

これは一般ユーザーには適用されない。一般ユーザーは環境変数を設定する必要がある。

LIBVIRT_DEFAULT_URIにURIを設定すると接続先指定なしで接続できる。

$ export LIBVIRT_DEFAULT_URI="qemu:///system"
$ virsh list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 1     www                            running

.bashrcで常に適用されるようにする。

$ echo 'export LIBVIRT_DEFAULT_URI="qemu:///system"' >> ~/.bashrc

参考:libvirt: Connection URIs


4月 13th, 2014

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , ,

One Comment

次ページへ »