wineが前回やった方法でインストールできなくなっているので何とかインストールしてみた。

作業ディレクトリを作成して移動

$ mkdir /usr/local/src/wine-unstable/
$ cd /usr/local/src/wine-unstable/

パッケージのダウンロード

$ wget http://dev.carbon-project.org/debian/wine-unstable/\
{libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-bin-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-capi-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-cms-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-dbg-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-dev-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-gl-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-gphoto2-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-ldap-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-openal-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-oss-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-print-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-sane-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
wine-bin-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
wine-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb}

libwine-alsa-unstableが依存しているlib32asound2がsqueezeでは古いのでwineが上手くインストールできない。無理やりインストールしても問題は見当たらなかったのでlibwine-alsa-unstableのパッケージを書き換える。

libwine-alsa-unstableのパッケージを展開

$ dpkg-deb -x libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64
$ dpkg-deb -e libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64/DEBIAN

依存しているlib32asound2のバージョンを書き換え(squeezeのlib32asound2は1.0.23-2.1)

$ vi libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64/DEBIAN/control
     7  Depends: lib32asound2 (>= 1.0.23-2.1), libc6-i386 (>= 2.1.3), libwine-unstable (= 1.4~rc1-0.1)

パッケージを再構築

$ dpkg-deb -b libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64 libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb

パッケージのインストール

sudo dpkg -i *.deb

依存関係の修復

$ sudo aptitude -f install
以下の、インストールが完了していないパッケージが設定されます:
  libwine-alsa-unstable{b} libwine-bin-unstable libwine-capi-unstable libwine-cms-unstable{b} libwine-dbg-unstable libwine-dev-unstable{b} libwine-gl-unstable{b} libwine-gphoto2-unstable{b} libwine-ldap-unstable{b}
  libwine-openal-unstable{b} libwine-oss-unstable{b} libwine-print-unstable libwine-sane-unstable libwine-unstable{b} wine-bin-unstable wine-unstable
インストール・削除・更新されるパッケージがありません。
更新: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
0 B のアーカイブを取得する必要があります。展開後に 0 B のディスク領域が新たに消費されます。
以下のパッケージには満たされていない依存関係があります:
  libwine-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
                    依存: lib32z1 (>= 1:1.1.4) but it is not going to be installed.
  libwine-openal-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-ldap-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-dev-unstable: 依存: libc6-dev but it is not going to be installed.
                        依存: libc6-dev-i386 but it is not going to be installed.
  libwine-cms-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-alsa-unstable: 依存: lib32asound2 (>= 1.0.23-2.1) but it is not going to be installed.
  libwine-gl-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-oss-unstable: 依存: oss-compat but it is not going to be installed.
  libwine-gphoto2-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
以下のアクションでこれらの依存関係の問題は解決されます:

      以下のパッケージを削除する:
1)      libwine-alsa-unstable
2)      libwine-bin-unstable
3)      libwine-capi-unstable
4)      libwine-cms-unstable
5)      libwine-dbg-unstable
6)      libwine-dev-unstable
7)      libwine-gl-unstable
8)      libwine-gphoto2-unstable
9)      libwine-ldap-unstable
10)     libwine-openal-unstable
11)     libwine-oss-unstable
12)     libwine-print-unstable
13)     libwine-sane-unstable
14)     libwine-unstable
15)     wine-bin-unstable
16)     wine-unstable



この解決方法を受け入れますか? [Y/n/q/?]n
以下のアクションでこれらの依存関係の問題は解決されます:

      以下のパッケージをインストールする:
1)      binutils [2.20.1-16 (stable)]
2)      gcc [4:4.4.5-1 (stable)]
3)      gcc-4.4 [4.4.5-8 (stable)]
4)      gcc-4.4-multilib [4.4.5-8 (stable)]
5)      gcc-multilib [4:4.4.5-1 (stable)]
6)      ia32-libs [20120102 (stable)]
7)      lib32asound2 [1.0.23-2.1 (stable)]
8)      lib32bz2-1.0 [1.0.5-6+squeeze1 (stable)]
9)      lib32gcc1 [1:4.4.5-8 (stable)]
10)     lib32gomp1 [4.4.5-8 (stable)]
11)     lib32ncurses5 [5.7+20100313-5 (stable)]
12)     lib32stdc++6 [4.4.5-8 (stable)]
13)     lib32v4l-0 [0.8.0-1 (stable)]
14)     lib32z1 [1:1.2.3.4.dfsg-3 (stable)]
15)     libc-dev-bin [2.11.3-2 (stable)]
16)     libc6-dev [2.11.3-2 (stable)]
17)     libc6-dev-i386 [2.11.3-2 (stable)]
18)     libgomp1 [4.4.5-8 (stable)]
19)     linux-libc-dev [2.6.32-41 (stable)]
20)     oss-compat [0.0.4+nmu3 (stable)]



この解決方法を受け入れますか? [Y/n/q/?]y
以下の新規パッケージがインストールされます:
  binutils{a} gcc{a} gcc-4.4{a} gcc-4.4-multilib{a} gcc-multilib{a} ia32-libs{a} lib32asound2{a} lib32bz2-1.0{a} lib32gcc1{a} lib32gomp1{a} lib32ncurses5{a} lib32stdc++6{a} lib32v4l-0{a} lib32z1{a} libc-dev-bin{a}
  libc6-dev{a} libc6-dev-i386{a} libgomp1{a} linux-libc-dev{a} oss-compat{a}
以下の、インストールが完了していないパッケージが設定されます:
  libwine-alsa-unstable libwine-bin-unstable libwine-capi-unstable libwine-cms-unstable libwine-dbg-unstable libwine-dev-unstable libwine-gl-unstable libwine-gphoto2-unstable libwine-ldap-unstable
  libwine-openal-unstable libwine-oss-unstable libwine-print-unstable libwine-sane-unstable libwine-unstable wine-bin-unstable wine-unstable
更新: 0 個、新規インストール: 20 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
49.7 MB のアーカイブを取得する必要があります。展開後に 129 MB のディスク領域が新たに消費されます。
先に進みますか? [Y/n/?] y

これで問題なくインストールされた。

winetricksのインストール

$ wget http://winetricks.org/winetricks
$ sudo cp winetricks /usr/local/bin/
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/winetricks

おすすめ


1月 31st, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , ,

Leave a Comment

Linux用のRDPサーバーのXRDPを導入してみた。特に設定は必要無いのでVNC単体より簡単に使うことができる。また、普段GUIを使っていない場合でもログインしている間だけGUIが起動するので無駄が少ない。

Windows標準のリモートデスクトップ接続が使えるので、Windowsにクライアントをインストールする必要がない。

XRDPのインストール

インストール

$ sudo aptitude install xrdp

インストールできたら、特に設定をする必要は無いのでWindowsから接続してみる。

image

ユーザー名とパスワードを入力するとデスクトップが表示される。

デフォルトでは「sesman-Xvnc」が使われ、VNCを経由して表示される。VNCなので音は出ない。任意のVNCサーバーやRDPサーバーに接続することもできる。

「sesman-X11rdp」という項目があり、Xを使って表示されるようだが、標準では使うことはできない。

X11rdpを導入する

X11rdpを導入するとXRDPにXが使えるようになる。ここに書かれていることを参考に導入した。

ソースのダウンロード・展開

$ cd /usr/local/src/
$ wget http://server1.xrdp.org/xrdp/x11rdp_xorg71.tar.gz
$ tar xvzf x11rdp_xorg71.tar.gz

インストール

$ sudo mkdir /opt/X11rdp #インストール先ディレクトリを作成
$ cd x11rdp_xorg71
$ sudo sh buildx.sh /opt/X11rdp #インストール先を指定する

既存の環境に影響を与えないので/opt/X11rdpにインストールした。数十分かかるのでしばらく待つ。

インストールが完了したらパスが通っているディレクトリに実行ファイルのシンボリックリンクを貼る。

$ sudo ln -s /opt/X11rdp/bin/X11rdp /usr/local/bin/X11rdp

準備ができたのでRDPで接続してみる。

色の深度は16ビットにしておく

image

「sesman-X11rdp」を使って接続する

image

デスクトップが表示される。こちらも音声のリダイレクトには対応していない様子。

参考
Install xrdp and X11rdp – the comprehensive HOWTO for Ubuntu and Debian based systems « Scarygliders

おすすめ


1月 28th, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , ,

Leave a Comment

MythTVで録画したファイルをネットワークメディアプレイヤーやWindowsクライアントから再生する方法を紹介する。

MythTVのUPnPサーバーを有効にする

MythTVにはUPnP(DLNA)サーバー機能が備わっているというが、検出されないし、その設定項目もなかった。適切に設定されてない場所を修正するとあっさり有効になった。標準機能を使うのでwizdやmediatombと組み合わせるよりも手軽。

まず、mythtv-setupを起動する。

$ mythtv-setup

"1.一般"を選び、"ホストアドレスバックエンドの設定"で"Local Backend"と"Master Backend"の"IP Address"にマシンに振られているIPアドレスを指定する。両方に同じ物を指定しないと2つが別のマシンと認識してしまうので注意が必要。次に"UPnP Server Settings"の"UPnP Media Update Time"が0になっていないことを確認する。何も設定しなくてもデフォルトは30になっている。

設定を行ったら反映させる。一般ユーザーで設定しているのでバックエンドを再起動する。

$ sudo /etc/init.d/mythbackend restart

これでDLNAクライアントなどからMythTVが検出されるようになる。

タイトル、ジャンル、日付、チャンネル、グループのいずれかで分けて表示することもできる。サーバー側で並び順が変えられないのが惜しい所。下の画像はRDLNAを使った例。

image

(さらに…)

おすすめ


1月 20th, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , , , , , ,

Leave a Comment