Chinachu (γ) on Ubuntu 16.04 LTS (2017夏)の焼き直しでLinuxでPX-W3U4を使う(2019年1月版)の続き。

現行のLinuxで使えるチューナー(国内販売)

USB2.0のチューナーしかない。CentOSはカーネルが古いので、PX-S1UDを使えない。

Node.jsのインストール

$ sudo apt install -y curl
$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_10.x | sudo -E bash -
$ sudo apt install -y nodejs

Mirakurunのインストール

$ sudo npm install pm2 -g
$ sudo npm install mirakurun -g --unsafe-perm --production

arib-b25-stream-testのインストール

$ sudo apt install -y pkg-config
$ sudo npm install arib-b25-stream-test -g --unsafe

Mirakurunの設定

チューナーの設定

$ sudo mirakurun config tuners


チャンネルの設定

$ sudo mirakurun config channels


地上波はチャンネルスキャンで設定するので、BS/CSのチャンネルだけで十分。普通はserviceIdなしで問題ない。

設定を反映

$ sudo mirakurun restart

チャンネルスキャン

$ curl -X PUT "http://localhost:40772/api/config/channels/scan"

チャンネル設定を反映

$ sudo mirakurun restart

Chinachuのインストール

インストール

$ git clone git://github.com/kanreisa/Chinachu.git ~/chinachu
$ cd ~/chinachu/
$ ./chinachu installer
Chinachu Installer Menu:
[!] These are installed under all /home/user/chinachu/...
[!] Recommend the Auto installation.
1) Auto (full)          3) Node.js Environment  5) ffmpeg
2) submodule            4) Node.js Modules
what do you install? > 1
selected: Auto (full)

設定

$ tr -d \\r < config.sample.json > config.json
$ vi config.json
"uid": "user",

Chinachuを動作させるユーザーを設定

空の予約ルールを作成

$ echo [] > rules.json

動作チェック

$ ./chinachu service wui execute
^C
$ ./chinachu update

サービスを登録

$ sudo pm2 start processes.json
$ sudo pm2 save

1月 28th, 2019

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , ,

Leave a Comment

今回はカーネルの縛りがない非公式ドライバを使用する。現行で一番サポートが長いUbuntu 18.04 LTSに導入した。PX-W3PE4、PX-Q3U4、PX-Q3PE4でも手順は共通。

ドライバの導入

READMEの通りにやればできる。カーネルのアップデートに追従するためDKMSを使用した。

パッケージのインストール

$ sudo apt install -y git build-essential dkms

ドライバのダウンロード

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ git clone https://github.com/nns779/px4_drv.git

ファームウェアのインストール

$ cd ~/src/px4_drv/fwtool/
$ make
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/pxw3u4/pxw3u4_BDA_ver1x64.zip -O pxw3u4_BDA_ver1x64.zip
$ unzip -oj pxw3u4_BDA_ver1x64.zip pxw3u4_BDA_ver1x64/PXW3U4.sys
$ ./fwtool PXW3U4.sys it930x-firmware.bin
$ sudo mkdir -p /lib/firmware
$ sudo cp it930x-firmware.bin /lib/firmware/

ドライバを更新するときは一度削除する

$ sudo dkms remove px4_drv/0.1.0 --all
$ sudo rm -rf /usr/src/px4_drv-0.1.0

ドライバのインストール

$ cd ~/src/px4_drv/
$ sudo cp -av ./ /usr/src/px4_drv-0.1.0
$ sudo dkms add px4_drv/0.1.0
$ sudo dkms install px4_drv/0.1.0
$ sudo modprobe px4_drv
$ ls /dev/px4video*
/dev/px4video0
/dev/px4video1
/dev/px4video2
/dev/px4video3

デコーダの導入

パッケージのインストール

$ sudo apt install -y cmake libpcsclite1 libpcsclite-dev pcscd pcsc-tools

libarib25をインストール

$ cd ~/src/
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

recpt1を導入

パッケージのインストール

$ sudo apt install -y autoconf automake

recpt1をインストール

$ cd ~/src/
$ git clone https://github.com/stz2012/recpt1.git
$ cd recpt1/recpt1/
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-b25
$ make
$ sudo make install

録画テスト

実際に録画してみる。0,1が衛星波、2,3が地上波。チューナーが増えた場合も衛星波2、地上波2の順で繰り返される。

$ cd ~
$ recpt1 --device /dev/px4video0 --lnb 15 --b25 --strip BS15_0 10 bs0.m2ts
$ recpt1 --device /dev/px4video1 --lnb 15 --b25 --strip BS01_2 10 bs1.m2ts
$ recpt1 --device /dev/px4video2 --b25 --strip 27 10 gr0.m2ts
$ recpt1 --device /dev/px4video3 --b25 --strip 27 10 gr1.m2ts

Chinachu on Ubuntu 18.04 LTS (2019年1月版)


1月 23rd, 2019

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , ,

Leave a Comment

Chinachuのメモリ周りを調整してみたのでメモ。(検証中)

2019/1/28追記: メモリを4GBから16GBに増設したこともあって、録画が中断されることはなくなった。

バッファを増やす

TSFilterがバッファオーバーフローを起こして録画が中断されることがある。
サーバー設定のhighWaterMarkでバッファを設定できる。推奨されていないので程々に数倍程度。
デフォルトは25165824(24MB)

$ sudo mirakurun config server
#highWaterMark: 25165824 # integer (bytes)
#highWaterMark: 67108864 # 64MB
highWaterMark: 134217728 # 128MB
#highWaterMark: 268435456 # 256MB

ヒープサイズを増やす

使い切って録画を出力できなくなる時もこれで解決する。Mirakurunのアップデートのたびに実行する必要がある。

追記: mirakurun@2.8.0以降は–unsafe-permをつけずにアップデートすれば再設定する必要はない。

メモリの搭載量と相談して程々に。highWaterMarkを増やすときは一緒に増やす。
デフォルトでは256(MB)(追記: mirakurun@2.8.0以降は512)

sudo pm2 start mirakurun-server --node-args --max_old_space_size=1024

12月 31st, 2018

Posted In: ソフトウェア

タグ: ,

Leave a Comment

PX-W3U4のBS再編への対応がバイナリの編集で面倒だなと思っていたら新しいLinux向けドライバが公開された。それぞれで今まで通り導入できるか再検証してみる。
今回公開されたドライバはCentOS 7、Ubuntu 18.04 LTS、Debian 9が対象、すべてx64。最新の安定版ディストリビューションが使えるのは有り難い。
やり方はPX-Q3U4, PX-W3PE4, PX-Q3PE4もおそらく共通。
非公式ドライバ向け記事

EPELリポジトリを追加(CentOS)

CentOSはEPRLのパッケージが必要なので追加する。

$ curl -LO http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh epel-release-latest-7.noarch.rpm

ドライバのダウンロード(CentOS)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ sudo yum install -y unzip
$ curl -LO http://plex-net.co.jp/plex/linux/CentOS7-1804_64bit_kernel3.10.0-862.zip
$ unzip CentOS7-1804_64bit_kernel3.10.0-862.zip
$ cd CentOS7-1804_64bit_kernel3.10.0-862/

ドライバのダウンロード(Ubuntu)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/linux/Ubuntu18.04_64bit_kernel4.15.0-23.zip
$ unzip Ubuntu18.04_64bit_kernel4.15.0-23.zip
$ cd Ubuntu18.04_64bit_kernel4.15.0-23/

ドライバのダウンロード(Debian)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ sudo apt install -y unzip
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/linux/Debian9.4_64bit_kernel4.9.0-6.zip
$ unzip Debian9.4_64bit_kernel4.9.0-6.zip
$ cd Debian9.4_64bit_kernel4.9.0-6/

DKMSをインストール(CentOS)

ドライバ周りの操作を自動化するためにDKMSを使用する。これでカーネルのアップデートがあった場合も自動的に適応できる。

$ sudo yum install -y dkms kernel-headers kernel-devel

DKMSをインストール(Ubuntu, Debian)

$ sudo apt install -y dkms

ドライバをインストール

モジュールをコピーするだけの設定を作る。

$ sudo mkdir -p /usr/src/px4-1806/
$ sudo cp -v *.ko /usr/src/px4-1806/
$ sudo vi /usr/src/px4-1806/dkms.conf

$ sudo dkms install -m px4 -v 1806

udevのルールを作成

アップデートに備えてモジュールを強制ロードできるようにする(効果は未検証)。チューナーの接続時にmodprobeを–forceオプションを付きで実行させる。デバイスファイルのパーミッションも設定する。

$ sudo vi /etc/udev/rules.d/99-px4.rules
ACTION=="add", SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="0511", ATTR{product}=="*[QW]3*4", RUN+="/sbin/modprobe -f usb-px4"
KERNEL=="px4-DTV*", GROUP="video", MODE="0666"
$ sudo reboot
$ ls /dev/px4-DTV*
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

libarib25を導入(CentOS)

内蔵のカードリーダーは使えないので別途用意する。CentOSは/usr/local/libへのパスを通す。

$ cd ~/src/
$ sudo yum install -y git cmake gcc-c++ pcsc-lite pcsc-lite-devel pcsc-tools
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install
$ sudo sh -c "echo /usr/local/lib >> /etc/ld.so.conf.d/libc.conf"
$ sudo ldconfig

libarib25を導入(Ubuntu, Debian)

$ cd ~/src/
$ sudo apt install -y git build-essential cmake libpcsclite1 libpcsclite-dev pcscd pcsc-tools
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

ここで何も出ない時は再起動するとうまくいく場合がある。

CentOS 6のドライバをダウンロード(CentOS)

CentOS 6のドライバに付属しているrecpt1を使う。

$ cd ~/src/
$ curl -LO http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip
$ unzip Linux_Driver.zip

CentOS 6のドライバをダウンロード(Ubuntu,Debian)

CentOS 6のドライバに付属しているrecpt1を使う。

$ cd ~/src/
$ wget http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip
$ unzip Linux_Driver.zip

recpt1を導入

B25を有効にするためリビルド。通常のrecpt1と区別するためリネームした。今回もchecksignalは動作しない。
–helpで表示されるチャンネルを修正するにはrecpt1core.cの286行目以降を書き換える。

$ cd ~/src/Linux_Driver/MyRecpt1/MyRecpt1/recpt1/
$ make clean
$ vi recpt1core.c

$ sh configure --enable-b25
$ make
$ sudo install -m 755 recpt1 /usr/local/bin/recpx4
$ sudo install -m 755 recpt1ctl /usr/local/bin/recpx4ctl

録画テスト

実際に録画してみる。0,1が衛星波、2,3が地上波。チューナーが増えた場合も衛星波2、地上波2の順で繰り返される。

$ cd ~
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV0 --lnb 15 --b25 --strip BS15_0 10 bs0.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV1 --lnb 15 --b25 --strip BS01_2 10 bs1.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV2 --b25 --strip 27 10 gr0.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV3 --b25 --strip 27 10 gr1.m2ts

6月 29th, 2018

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , ,

One Comment

CentOS 7、Ubuntu 16.04 LTS、Debian 8でPX-W3U4の設定をしたみたのでまとめる。
PX-Q3U4, PX-W3PE4, PX-Q3PE4でも同じ手順でセットアップできる。
追記: 4月、5月のBS周波数再編の影響で一部チャンネルが受信できなくなっている。(最新版ドライバで修正済み)
最新版ドライバ向け記事

EPELリポジトリを追加(CentOS)

CentOSはEPRLのパッケージが必要なので追加する。

$ curl -LO http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh epel-release-latest-7.noarch.rpm

カーネルをアップデート(Ubuntu+Linux4.13.0-19)

配布されているモジュールに合わせたカーネルをインストールする。カーネルのアップデートはできない。

$ sudo apt-get install linux-image-4.13.0-19-generic linux-headers-4.13.0-19-generic
$ sudo reboot
$ uname -r
4.13.0-19-generic

カーネルをアップデート(Ubuntu+HWEカーネル)

モジュール書き換えることでHWEカーネルでも使用できる。
少し手間はかかるが、Ubuntu 18.04がリリースされるまでは対応したカーネルのアップデートがある。

$ sudo apt-get install linux-generic-hwe-16.04
$ sudo reboot
$ uname -r
4.13.0-26-generic

ドライバのダウンロード(CentOS)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ sudo yum install -y unzip
$ curl -LO http://plex-net.co.jp/plex/linux/CentOS7-1708_64bit_kernel3.10.0-693.zip
$ unzip CentOS7-1708_64bit_kernel3.10.0-693.zip
$ cd CentOS7-1708_64bit_kernel3.10.0-693/

ドライバのダウンロード(Ubuntu)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/linux/Ubuntu17.10_64bit_Kernel4.13.0-19.zip
$ unzip Ubuntu17.10_64bit_Kernel4.13.0-19.zip
$ cd Ubuntu17.10_64bit_Kernel4.13.0-19/

ドライバのダウンロード(Debian)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/linux/Debian8.0.0_64bit_kernel3.16.0-4.zip
$ unzip Debian8.0.0_64bit_kernel3.16.0-4.zip
$ cd Debian8.0.0_64bit_kernel3.16.0-4/

DKMSをインストール(CentOS)

ドライバ周りの操作を自動化するためにDKMSを使用する。これでカーネルのアップデートがあった場合も自動的に適応できる。

$ sudo yum install -y dkms kernel-headers kernel-devel

DKMSをインストール(Ubuntu, Debian)

$ sudo apt-get install -y dkms

ドライバをインストール(CentOS, Ubuntu+Linux4.13.0-19, Debian)

モジュールをコピーするだけの設定を作る。Ubuntu+HWEカーネル以外は同じ。

$ sudo mkdir -p /usr/src/px4-1712/
$ sudo cp -v *.ko /usr/src/px4-1712/
$ sudo vi /usr/src/px4-1712/dkms.conf

$ sudo dkms install -m px4 -v 1712

ドライバをインストール(Ubuntu+HWEカーネル)

UbuntuとHWEカーネルを使う場合はモジュールのvermagicを書き換える必要がある。

$ sudo mkdir -p /usr/src/px4-1712/src/
$ sudo cp -v *.ko /usr/src/px4-1712/src/
$ sudo vi /usr/src/px4-1712/dkms.conf

$ sudo dkms install -m px4 -v 1712

udevのルールを作成(CentOS, Debian)

アップデートに備えてモジュールを強制ロードできるようにする。チューナーの接続時にmodprobeを–forceオプションを付きで実行させる。デバイスファイルのパーミッションも設定する。

$ sudo vi /etc/udev/rules.d/99-px4.rules
ACTION=="add", SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="0511", ATTR{product}=="*[QW]3*4", RUN+="/sbin/modprobe -f usb-px4"
KERNEL=="px4-DTV*", GROUP="video", MODE="0666"
$ sudo reboot
$ ls /dev/px4-DTV*
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

udevのルールを作成(Ubuntu)

Ubuntuの場合は強制ロードは必要ないので、パーミッションだけ設定する。

$ sudo vi /etc/udev/rules.d/99-px4.rules
KERNEL=="px4-DTV*", GROUP="video", MODE="0666"
$ sudo reboot
$ ls /dev/px4-DTV*
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

libarib25を導入(CentOS)

内蔵のカードリーダーは使えないので別途用意する。CentOSは/usr/local/libへのパスを通す。

$ cd ~/src/
$ sudo yum install -y git cmake gcc-c++ pcsc-lite pcsc-lite-devel pcsc-tools
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install
$ sudo sh -c "echo /usr/local/lib >> /etc/ld.so.conf.d/libc.conf"
$ sudo ldconfig

libarib25を導入(Ubuntu, Debian)

$ cd ~/src/
$ sudo apt-get install -y git build-essential cmake libpcsclite1 libpcsclite-dev pcscd pcsc-tools
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

recpt1を導入

CentOS 6のドライバに付属しているrecpt1を使う。B25を有効にするためリビルド。通常のrecpt1と区別するためリネームした。checksignalはうまく動作しない。

$ cd ~/src/
$ curl -LO http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip
$ unzip Linux_Driver.zip
$ cd Linux_Driver/MyRecpt1/MyRecpt1/recpt1/
$ sh configure --enable-b25
$ make
$ sudo install -m 755 recpt1 /usr/local/bin/recpx4
$ sudo install -m 755 recpt1ctl /usr/local/bin/recpx4ctl

録画テスト

実際に録画してみる。0,1が衛星波、2,3が地上波。チューナーが増えた場合も衛星波2、地上波2の順で繰り返される。

$ cd ~
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV0 --lnb 15 --b25 --strip BS15_0 10 bs0.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV1 --lnb 15 --b25 --strip BS15_0 10 bs1.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV2 --b25 --strip 27 10 gr0.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV3 --b25 --strip 27 10 gr1.m2ts

1月 29th, 2018

Posted In: ハードウェア

タグ: , , , , , , ,

Leave a Comment

CentOS 6だけに対応していたときの覚書。今は他のディストリビューションにも対応しているので古い情報。
追記: 新しい情報はこちら

PX-W3U4のセットアップ

unzipのインストール

# yum install unzip -y

ドライバをダウンロード

# curl -LO http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip

ドライバモジュールをロード

# unzip Linux_Driver.zip
# cd  Linux_Driver/Linux_Driver/
# insmod tty_Virtual.ko
# insmod usb-px4.ko

認識されているか確認

# ls /dev/px4-DTV?
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

再起動すると元に戻るので自動的にロードさせる
ドライバをコピー

# cp -v tty_Virtual.ko usb-px4.ko /usr/local/lib64/
`tty_Virtual.ko' -> `/usr/local/lib/tty_Virtual.ko'
`usb-px4.ko' -> `/usr/local/lib/usb-px4.ko'

設定を追加

# vi /etc/sysconfig/modules/usb-px4.modules
#!/bin/sh
/sbin/insmod /usr/local/lib64/tty_Virtual.ko
/sbin/insmod /usr/local/lib64/usb-px4.ko

実行権限を追加

# chmod +x /etc/sysconfig/modules/usb-px4.modules

recpt1をインストール

# cd ../MyRecpt1/MyRecpt1/recpt1
# install -m 755 recpt1 /usr/local/bin/recpx4
# install -m 755 recpt1ctl /usr/local/bin/recpx4ctl

ビルドは必要ない。PT1/2/3用とややこしいのでrecpx4にリネームしておく

Mirakurunを導入

内蔵カードリーダーは使えないのでカードリーダーを別途用意する。

NodeJSをインストール

# curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_6.x | bash -
# yum install -y nodejs

arib-b25-stream-testをセットアップ(EPELの導入が必要)

# curl -LO http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm                          
# yum install gcc-c++ pcsc-lite pcsc-lite-devel pcsc-tools
# npm install arib-b25-stream-test -g --unsafe

そのままではサービスがうまく起動しないので再起動する

# reboot

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

PM2のインストール

# npm install pm2 -g
# pm2 startup

Mirakurunのインストール

# npm install mirakurun -g --unsafe --production

Mirakurunのチューナー設定

# mirakurun config tuners

0,1が衛星波、2,3が地上波になる

Mirakurunのチャンネル設定

# mirakurun config channels

BS/CSのチャンネルだけ登録する

チャンネルスキャンで地上波のチャンネルを設定する

# mirakurun restart
$ curl -X PUT "http://localhost:40772/api/config/channels/scan"
# mirakurun restart

別のマシンからアクセスできるようにファイアウォールを設定する

# iptables -I INPUT -p tcp -m tcp --dport 40772 -j ACCEPT
# service iptables save

1月 7th, 2018

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , ,

Leave a Comment

環境を構築し直したので、まとめてみる。今回はUbuntu 16.04 LTSを使った。気が向いたらDebian 9(Stretch)でやる予定。

チューナーのセットアップ

PT3、PX-S1UD V2.0、PX-BCUD、KTV-FSMINIの4つをセットアップした。PT3はDVBドライバを使う。

PT3/PT2/PT1

カーネルにドライバが組み込まれているので、特に設定しなくても認識される。偶数がBS/CS、奇数が地上波と交互になる。

$ ls /dev/dvb/
adapter0  adapter1  adapter2  adapter3

アンテナに電源供給が必要な場合、chardev版ドライバを導入した方がいい。今回は取り上げない。

PX-S1UD (V2.0)

何もしなくても認識されるが、ファームウェアを入れないと動作しない。

$ ls /dev/dvb/
adapter0  adapter1  adapter2  adapter3  adapter4

ファームウェアをダウンロードして、インストールする。モジュールをロードし直すと有効になる。

$ wget http://plex-net.co.jp/plex/px-s1ud/PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1.zip
$ unzip PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1.zip
$ sudo cp PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1/x64/amd64/isdbt_rio.inp /lib/firmware/
$ sudo modprobe -r smsusb
$ sudo modprobe smsusb

adapterの番号を変更するには次のようにする。複数ある場合は「,」で区切る。認識できるadapterの数は8つまでなので、0~7の番号が指定できる(Linux 4.10以降は16個なので0~15)。

$ sudo modprobe -r smsdvb
$ sudo modprobe smsdvb adapter_nr=4

他のDVBデバイスと区別するため、起動時に番号を固定する。他にDVBデバイスがない場合は必要ない。

$ sudo sh -c 'echo "options smsdvb adapter_nr=4" > /etc/modprobe.d/smsdvb.conf'

PX-BCUD

LinuxカーネルにPX-BCUDのドライバが組み込まれるのは4.7以上で、標準のカーネル(4.4)ではドライバが組み込まれていない。HWEカーネルを導入する。

$ uname -r
4.4.0-83-generic
$ sudo apt install linux-generic-hwe-16.04
$ sudo reboot

$ uname -r
4.8.0-58-generic
$ ls /dev/dvb/
adapter0  adapter1  adapter2  adapter3  adapter4  adapter5

adapter番号の指定

$ sudo modprobe -r em28xx-dvb
$ sudo modprobe em28xx-dvb adapter_nr=5
$ sudo sh -c 'echo "options em28xx-dvb adapter_nr=5" > /etc/modprobe.d/em28xx_dvb.conf'

KTV-FSMINI(KTV-FSUSB2/V3)

KTV-FSMINIはドライバではなくコマンドを利用する。KTVWikiにあるrecfsusb2iをダウンロードして、ビルドする。

$ sudo apt install p7zip-full
$ 7z x recfsusb2i-20160220.7z -orecfsusb2i
$ cd recfsusb2i/src/
$ make
$ sudo install recfsusb2i /usr/local/bin/

dvb-toolsをインストール

DVBデバイスをチューニングするにはdvbv5-zapが必要になる。dvbv5-zapはdvb-toolsに含まれている。

$ sudo apt install dvb-tools

チューニングに必要な設定をダウンロード

$ sudo apt install git
$ cd /usr/local
$ sudo git clone https://github.com/Chinachu/dvbconf-for-isdb.git

ICカードリーダーをセットアップ

パッケージのインストール

$ sudo apt install pcscd libpcsclite1 libpcsclite-dev libccid pcsc-tools

動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

現行のLinuxで使えるチューナー

最後に現在も販売されているチューナーを挙げておく。

Chinachuのセットアップ

実行ユーザーの作成

Chinachuの実行ユーザー作成(既存のユーザーにする場合は不要)

$ sudo adduser chinachu

Chinachuの実行ユーザーをsudoグループに所属させる

$ sudo adduser chinachu sudo

Chinachuの実行ユーザーに切り替え

$ sudo -i -u chinachu

Mirakurunのインストール

Node.jsをインストール

$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_6.x | sudo -E bash -
$ sudo apt install -y nodejs
$ sudo npm -g i npm@latest # NPMを更新する

PM2とMirakurunをインストール

$ sudo npm install pm2 -g
$ sudo npm install mirakurun -g --unsafe --production

arib-b25-stream-testをインストール

$ sudo npm install arib-b25-stream-test -g --unsafe

Mirakurunの設定

$ sudo mirakurun config server

Mirakurunのチューナー設定

$ sudo mirakurun config tuners

設定ファイルやadapterの番号を間違えないように気を付けて編集する

Mirakurunのチャンネル設定

$ sudo mirakurun config channels

BS/CSのチャンネルだけ登録する

チャンネルスキャンで地上波のチャンネルを設定する

$ sudo mirakurun restart
$ curl -X PUT "http://localhost:40772/api/config/channels/scan"
$ sudo mirakurun restart

Chinachuのインストール

Chinachuのダウンロードとインストール

$ sudo apt install git
$ git clone git://github.com/kanreisa/Chinachu.git ~/chinachu
$ cd ~/chinachu/
u$ ./chinachu installer
Chinachu Installer Menu:
[!] These are installed under all /home/chinachu/chinachu/...
[!] Recommend the Auto installation.
1) Auto (full)          3) Node.js Environment  5) ffmpeg
2) submodule            4) Node.js Modules
what do you install? > 1

設定

$ cp config.sample.json config.json
$ vi config.json

実行ユーザーを指定する

"uid": "chinachu",

別のマシンからアクセスされるIPアドレスを指定する

"wuiOpenHost": "192.168.60.10",

空の予約ルールを作成

$ echo [] > rules.json

動作チェック

$ ./chinachu service wui execute
^C
$ ./chinachu update

サービスを登録

$ sudo pm2 start processes.json
$ sudo pm2 save

以上でインストールは完了。

ドライバはなるべく標準ドライバで対応して手間を省いた。チャンネル設定はBS/CSの設定が決まっていて、地上波はチャンネルスキャンできるので手間取らなかった。以前に比べて簡単になったものの、まだ手間がかかるように思う。

参考


7月 19th, 2017

Posted In: ハードウェア

タグ: , , , , , , ,

3 Comments

速度が満足に出ない光回線でも、IPv6接続とv6プラスを使えば、十分な速度が出るという。ただ、この方式ではサーバー公開ができない。そのため導入を見送っていたが、PPPoEと同時に使用できるとわかり、導入に踏み切った。幸い、契約しているビッグローブ光は追加料金無しで利用できる。対応しているルーターを準備して、申込みを済ませるだけでいい。

ルーターの選択

ひかり電話ルーターはないので、市販のルーターを使う。プロバイダのページに書かれているv6プラス対応のルーターはBuffaloとIO DATAの機種。他にはASUSやヤマハのルーターが対応しているらしい。ASUS製は色々出来るが、安定性は疑問。IO DATAは安いものの、最近出たばかりで落ち着いていない。ヤマハは高いので除外。値段が手頃で対応機種の多いBuffaloにした。

BuffaloでもWXRで始まる機種だけが対応している。サポートの長い現行機を選ぶ。WXR-2533DHP2、WXR-1900SHP3、WXR-1750DHP2の3機種。無線の性能は重視しないのでWXR-1750DHP2でいいが、価格差があまりないのでデュアルコアのWXR-1900DHP3を購入した。

v6プラスの申し込み

開通の案内にあるお客様IDが必要になる。v6プラスを申し込みたいところだが、申し込む必要があるのは「フレッツ光 IPv6接続」。先にフレッツ光 IPv6接続を申し込む必要がある。IPv6接続の設定完了メールが来たら、v6プラスが使えるようになる。v6プラスを申し込む。特に連絡もなく使えるようになるしばらくので、先にルーターの設置を進める。v6プラスに申し込めるようになるが、申し込むとv6プラスが無効になるので注意が必要。

ルーターのセットアップ

本体裏側をスイッチをAUTOからMANUALに切り替える。切り替えないと自分でv6プラスを選べない上に、ルーターの配下に繋ぐとアクセスポイントとして動作してしまう。新しいルーターは既存のネットワークに追加して使った。既設のルーターのIPv6ブリッジの設定を有効にしておく。VDSLモデム(またはONU)-ルーター(PPPoE)-ルーター(v6プラス)-PCの構成にした。PPPoEとv6プラスのルーターは逆でも問題ない。

設置したらルーターの管理画面をブラウザで開く。ログインしたら詳細設定を選ぶ。Internetの設定で「v6プラス接続を使用する」にチェックを入れ設定。IPv6の設定はIPパススルーは危険なのでNDプロキシを選択。無線やLANなどの設定をする。ポート変換は設定しない。

設定完了

設定が完了してしばらくすると前面のLEDが全て点灯する。これで新しく設置したWXR-1900DHP3に繋いだ端末はv6プラスで通信できるようになった。ただ、現状では既存のPPPoEルーター配下のネットワークとの通信はできない。今回は同じセグメントに置くとうまくいかなかったので分けた状態で設定した。ここからサーバーを通じて相互に通信できるようにする。

参考


7月 18th, 2017

Posted In: ネットワーク

タグ: , , ,

Leave a Comment

通知の必要なスクリプトとTwitterを連携するためにTTYtterを導入してみた。

インストール

aptでインストールできる。

$ sudo aptitude install ttytter

認証

初めて使うときにOAuth認証が行われる。SSLが必須なのでsslオプションを指定する。

$ ttytter -ssl

URLが表示される

1. Visit, in your browser, ALL ON ONE LINE,

https://api.twitter.com/oauth/authorize?oauth_token=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

ブラウザでURLに接続する。ログインして、連携アプリを認証すると、数字が表示される。この数字を入力する。

5. A PIN will appear. Enter it below.

Enter PIN>0123456

認証は完了。もう一度実行するとタイムラインが表示される。

コマンドラインでツイートする

コマンドラインから簡単にツイートできる。

$ ttytter -ssl -status="<ツイートする内容>"

改行は使用できない。文字数を超えてしまうと失敗する。autosplitオプションで自動分割される。

$ ttytter -ssl -autosplit -status="<ツイートする内容>"

設定

~/.ttytterrcで初期設定を保持できる。sslオプションを省略するには~/.ttytterrcを次のようにする。

vi ~/.ttytterrc
ssl=1

sslオプションを指定しなくてもSSLで通信するようになる。

アクセストークンの取得

開発アカウント以外で面倒な別アカウントのアクセストークンの取得をttytterで行う。

$ ttytter -ssl -oauthwizard -keyf=./<出力先ファイル> -oauthkey=<ConsumerKey> -oauthsecret=<ConsumerSecret>

oauthwizardオプションでOAuth認証が行われる。オプションで出力先ファイル、ConsumerKey、ConsumerSecretを指定している。出力先にディレクトリが含まれないと~/.ttytterkey<ファイル名>に出力される。

アクセストークンを確認する。

$ cat <出力先ファイル>
ck=X&cs=X&at=<AccessToken>&ats=<AccessTokenSecret>

4月 12th, 2015

Posted In: ソフトウェア, ウェブ

タグ: , , ,

Leave a Comment

jsを簡単に編集しようとエディタのAtomを入れてみた。パッケージを使って機能を拡張できる。

日本語化にはパッケージのlocalizationを使うが、簡単にはインストールできなかった。ふと、"japanese"でパッケージを検索してみると、japanese-menuというプラグインを見つけた。インストールするだけでメニューが日本語になる。localizationと違い右クリックメニューまで日本語化される。japanese-menujapanese-wrapを入れて日本語化は完了。

用途に合わなかったのでAtomは使っていない。


4月 7th, 2015

Posted In: ソフトウェア

タグ:

Leave a Comment

次ページへ »