通知の必要なスクリプトとTwitterを連携するためにTTYtterを導入してみた。

インストール

aptでインストールできる。

$ sudo aptitude install ttytter

認証

初めて使うときにOAuth認証が行われる。SSLが必須なのでsslオプションを指定する。

$ ttytter -ssl

URLが表示される

1. Visit, in your browser, ALL ON ONE LINE,

https://api.twitter.com/oauth/authorize?oauth_token=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

ブラウザでURLに接続する。ログインして、連携アプリを認証すると、数字が表示される。この数字を入力する。

5. A PIN will appear. Enter it below.

Enter PIN>0123456

認証は完了。もう一度実行するとタイムラインが表示される。

コマンドラインでツイートする

コマンドラインから簡単にツイートできる。

$ ttytter -ssl -status="<ツイートする内容>"

改行は使用できない。文字数を超えてしまうと失敗する。autosplitオプションで自動分割される。

$ ttytter -ssl -autosplit -status="<ツイートする内容>"

設定

~/.ttytterrcで初期設定を保持できる。sslオプションを省略するには~/.ttytterrcを次のようにする。

vi ~/.ttytterrc
ssl=1

sslオプションを指定しなくてもSSLで通信するようになる。

アクセストークンの取得

開発アカウント以外で面倒な別アカウントのアクセストークンの取得をttytterで行う。

$ ttytter -ssl -oauthwizard -keyf=./<出力先ファイル> -oauthkey=<ConsumerKey> -oauthsecret=<ConsumerSecret>

oauthwizardオプションでOAuth認証が行われる。オプションで出力先ファイル、ConsumerKey、ConsumerSecretを指定している。出力先にディレクトリが含まれないと~/.ttytterkey<ファイル名>に出力される。

アクセストークンを確認する。

$ cat <出力先ファイル>
ck=X&cs=X&at=<AccessToken>&ats=<AccessTokenSecret>

おすすめ


4月 12th, 2015

Posted In: ソフトウェア, ウェブ

タグ: , , ,

Leave a Comment

mixiのSSLでのログインは標準では有効になっておらず、セッションが切れた場合にも標準のhttpになる。SSLでログインするにはリンクをクリックする必要がある。また、このリンクをクリックすると元々見ていたページに戻らない。

mixiの設定変更ではどうにもできないので、Greasemonkeyのスクリプトを書いてみた。

// ==UserScript==
// @name           mixi SSL Login
// @namespace      http://www.lwlv.net/
// @include        http://mixi.jp/*
// ==/UserScript==
(function(){
	var loginForm = document.getElementsByName('login_form')[0];
	var sslLink = document.getElementsByClassName('sslLink01')[0];
	loginForm.action='https://mixi.jp/login.pl';
	sslLink.innerHTML='SSLログイン有効';
	sslLink.setAttribute('style','color:#f00;');
})();

ログイン情報の送信先をhttpsのものに書きかえるだけのスクリプト。インストールはここから

おすすめ


6月 30th, 2011

Posted In: ソフトウェア, ウェブ

タグ: , , ,

2 Comments

Google Japan Blog: Gmail 復旧についてのご報告

やたらCaptchaが表示されて、鬱陶しかった。またGmail Managerかと思ったら、今度は公式。1週間遅れでメールが携帯に転送されてきた、時期的に関係なさそう。

おすすめ


3月 7th, 2009

Posted In: ウェブ

タグ: , , ,

Leave a Comment

朝の電車で、ポケットはてな使ってたら、はてなが更新されたってエントリが。見た所、ポケットはてなには変化がなく、関係ないと思った。ポケットはてなには検索機能がないとか色々不満はあった。夕方見たら更新されてた。検索機能がついて、見た目はPC版に近づいたという印象。

追記:
携帯版、改悪って印象もある。ごてごてして重くなった。サイトに飛ぶ前のページはシンプルですぐ表示できたのに今は表示に時間がかかる。ページが長くなったのは今持ってる携帯はページスクロールがついてるからあまり気にならない。が、やっぱり表示に時間がかかる。

おすすめ


3月 7th, 2009

Posted In: ウェブ

タグ: ,

Leave a Comment

メール書いてる途中で切れたり、再接続できなかったり、ループしたりひどかった。アカウント切り替えにGmail Manager使ってるけど、これが原因とは思わなかった。最新情報を探すには検索オプションで日付を指定するとすぐ見つかる。それを使って原因を調べてみたら、次の情報が。

Gmail の「自動転送がループしています」エラー » 熟年からはじめる海外アフィリエイト

原因はGmail Manager。そういえば、定期的にされてるメールチェックで起こってたような。おかしくなったのもアップデートの後。Gmail Managerはどうやって複数アカウントを扱ってるのか。ともかく、最新版を入れたら直った。

Gearsに対応してないのは残念。オフラインGmailのために有効化したら、Gmail Managerがメールチェックできなくなった。そのせいで、Gearsは無効化中。

Google Account Multi-Login for Greasemonkey

入れてみた。Googleアカウントを切り替えるGreasemonkeyスクリプト。Gmailをいちいち開くGmail Managerだと、時間がかかって仕方ない。Gmailを切り替えるのにしても、複数開くと落とされる。これは、すばやく切り替えできて便利。対応と書いてない日本語のGmailでも使えた。

おすすめ


2月 17th, 2009

Posted In: ウェブ

タグ: , , ,

Leave a Comment

GoogleリーダーでGoogleニュースが見当たらなかった。半年前に日本語版のフィードが停止したらしい。大人の事情ってやつか。何とかして日本語のニュースフィードが購読できないか調べてみた。

英語版が表示されるフィードURI。ここは正常。ただし、全部英語。
"http://news.google.com/news?ned=us&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=&output=atom&num=30&hl=ja"
国を表してそうな"ned"というパラメータを"jp"に変えると日本語版になるが何も表示されない。日本以外の場合、正常に表示される。ここは"jp"以外にするしかない。

キーワードに日本語文字列を入れるとあったけど、特に何のニュースが見たいわけでもない。キーワードは空にしておきたい。でも、空にすると、日本語以外の言語で出る。

解決策にたどり着いた。
キーワード(というかクエリ)で"lacation:japan"と、地域を指定してやると日本語だけが出る。他にキーワードを指定する必要はない。英字のキーワードの場合もこれで対応できる。
gnews1
フィードURI
"http://news.google.com/news?ned=us&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=location%3Ajapan&output=atom&num=30&hl=ja"

Googleニュース用RSSジェネレータ
更にこれを使って簡単にフィードURIを手に入れる。
gnews2

おすすめ


2月 7th, 2009

Posted In: ウェブ

タグ:

Leave a Comment