CentOS 7、Ubuntu 16.04 LTS、Debian 8でPX-W3U4の設定をしたみたのでまとめる。
PX-Q3U4, PX-W3PE4, PX-Q3PE4でも同じ手順でセットアップできる。
追記: 4月、5月のBS周波数再編の影響で一部チャンネルが受信できなくなっている。(最新版ドライバで修正済み)
最新版ドライバ向け記事

EPELリポジトリを追加(CentOS)

CentOSはEPRLのパッケージが必要なので追加する。

$ curl -LO http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh epel-release-latest-7.noarch.rpm

カーネルをアップデート(Ubuntu+Linux4.13.0-19)

配布されているモジュールに合わせたカーネルをインストールする。カーネルのアップデートはできない。

$ sudo apt-get install linux-image-4.13.0-19-generic linux-headers-4.13.0-19-generic
$ sudo reboot
$ uname -r
4.13.0-19-generic

カーネルをアップデート(Ubuntu+HWEカーネル)

モジュール書き換えることでHWEカーネルでも使用できる。
少し手間はかかるが、Ubuntu 18.04がリリースされるまでは対応したカーネルのアップデートがある。

$ sudo apt-get install linux-generic-hwe-16.04
$ sudo reboot
$ uname -r
4.13.0-26-generic

ドライバのダウンロード(CentOS)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ sudo yum install -y unzip
$ curl -LO http://plex-net.co.jp/plex/linux/CentOS7-1708_64bit_kernel3.10.0-693.zip
$ unzip CentOS7-1708_64bit_kernel3.10.0-693.zip
$ cd CentOS7-1708_64bit_kernel3.10.0-693/

ドライバのダウンロード(Ubuntu)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/linux/Ubuntu17.10_64bit_Kernel4.13.0-19.zip
$ unzip Ubuntu17.10_64bit_Kernel4.13.0-19.zip
$ cd Ubuntu17.10_64bit_Kernel4.13.0-19/

ドライバのダウンロード(Debian)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/linux/Debian8.0.0_64bit_kernel3.16.0-4.zip
$ unzip Debian8.0.0_64bit_kernel3.16.0-4.zip
$ cd Debian8.0.0_64bit_kernel3.16.0-4/

DKMSをインストール(CentOS)

ドライバ周りの操作を自動化するためにDKMSを使用する。これでカーネルのアップデートがあった場合も自動的に適応できる。

$ sudo yum install -y dkms kernel-headers kernel-devel

DKMSをインストール(Ubuntu, Debian)

$ sudo apt-get install -y dkms

ドライバをインストール(CentOS, Ubuntu+Linux4.13.0-19, Debian)

モジュールをコピーするだけの設定を作る。Ubuntu+HWEカーネル以外は同じ。

$ sudo mkdir -p /usr/src/px4-1712/
$ sudo cp -v *.ko /usr/src/px4-1712/
$ sudo vi /usr/src/px4-1712/dkms.conf

$ sudo dkms install -m px4 -v 1712

ドライバをインストール(Ubuntu+HWEカーネル)

UbuntuとHWEカーネルを使う場合はモジュールのvermagicを書き換える必要がある。

$ sudo mkdir -p /usr/src/px4-1712/src/
$ sudo cp -v *.ko /usr/src/px4-1712/src/
$ sudo vi /usr/src/px4-1712/dkms.conf

$ sudo dkms install -m px4 -v 1712

udevのルールを作成(CentOS, Debian)

アップデートに備えてモジュールを強制ロードできるようにする。チューナーの接続時にmodprobeを–forceオプションを付きで実行させる。デバイスファイルのパーミッションも設定する。

$ sudo vi /etc/udev/rules.d/99-px4.rules
ACTION=="add", SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="0511", ATTR{product}=="*[QW]3*4", RUN+="/sbin/modprobe -f usb-px4"
KERNEL=="px4-DTV*", GROUP="video", MODE="0666"
$ sudo reboot
$ ls /dev/px4-DTV*
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

udevのルールを作成(Ubuntu)

Ubuntuの場合は強制ロードは必要ないので、パーミッションだけ設定する。

$ sudo vi /etc/udev/rules.d/99-px4.rules
KERNEL=="px4-DTV*", GROUP="video", MODE="0666"
$ sudo reboot
$ ls /dev/px4-DTV*
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

libarib25を導入(CentOS)

内蔵のカードリーダーは使えないので別途用意する。CentOSは/usr/local/libへのパスを通す。

$ cd ~/src/
$ sudo yum install -y git cmake gcc-c++ pcsc-lite pcsc-lite-devel pcsc-tools
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install
$ sudo sh -c "echo /usr/local/lib >> /etc/ld.so.conf.d/libc.conf"
$ sudo ldconfig

libarib25を導入(Ubuntu, Debian)

$ cd ~/src/
$ sudo apt-get install -y git build-essential cmake libpcsclite1 libpcsclite-dev pcscd pcsc-tools
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

recpt1を導入

CentOS 6のドライバに付属しているrecpt1を使う。B25を有効にするためリビルド。通常のrecpt1と区別するためリネームした。checksignalはうまく動作しない。

$ cd ~/src/
$ curl -LO http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip
$ unzip Linux_Driver.zip
$ cd Linux_Driver/MyRecpt1/MyRecpt1/recpt1/
$ sh configure --enable-b25
$ make
$ sudo install -m 755 recpt1 /usr/local/bin/recpx4
$ sudo install -m 755 recpt1ctl /usr/local/bin/recpx4ctl

録画テスト

実際に録画してみる。0,1が衛星波、2,3が地上波。チューナーが増えた場合も衛星波2、地上波2の順で繰り返される。

$ cd ~
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV0 --lnb 15 --b25 --strip BS15_0 10 bs0.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV1 --lnb 15 --b25 --strip BS15_0 10 bs1.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV2 --b25 --strip 27 10 gr0.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV3 --b25 --strip 27 10 gr1.m2ts

1月 29th, 2018

Posted In: ハードウェア

タグ: , , , , , , ,

Leave a Comment

CentOS 6だけに対応していたときの覚書。今は他のディストリビューションにも対応しているので古い情報。
追記: 新しい情報はこちら

PX-W3U4のセットアップ

unzipのインストール

# yum install unzip -y

ドライバをダウンロード

# curl -LO http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip

ドライバモジュールをロード

# unzip Linux_Driver.zip
# cd  Linux_Driver/Linux_Driver/
# insmod tty_Virtual.ko
# insmod usb-px4.ko

認識されているか確認

# ls /dev/px4-DTV?
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

再起動すると元に戻るので自動的にロードさせる
ドライバをコピー

# cp -v tty_Virtual.ko usb-px4.ko /usr/local/lib64/
`tty_Virtual.ko' -> `/usr/local/lib/tty_Virtual.ko'
`usb-px4.ko' -> `/usr/local/lib/usb-px4.ko'

設定を追加

# vi /etc/sysconfig/modules/usb-px4.modules
#!/bin/sh
/sbin/insmod /usr/local/lib64/tty_Virtual.ko
/sbin/insmod /usr/local/lib64/usb-px4.ko

実行権限を追加

# chmod +x /etc/sysconfig/modules/usb-px4.modules

recpt1をインストール

# cd ../MyRecpt1/MyRecpt1/recpt1
# install -m 755 recpt1 /usr/local/bin/recpx4
# install -m 755 recpt1ctl /usr/local/bin/recpx4ctl

ビルドは必要ない。PT1/2/3用とややこしいのでrecpx4にリネームしておく

Mirakurunを導入

内蔵カードリーダーは使えないのでカードリーダーを別途用意する。

NodeJSをインストール

# curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_6.x | bash -
# yum install -y nodejs

arib-b25-stream-testをセットアップ(EPELの導入が必要)

# curl -LO http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm                          
# yum install gcc-c++ pcsc-lite pcsc-lite-devel pcsc-tools
# npm install arib-b25-stream-test -g --unsafe

そのままではサービスがうまく起動しないので再起動する

# reboot

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

PM2のインストール

# npm install pm2 -g
# pm2 startup

Mirakurunのインストール

# npm install mirakurun -g --unsafe --production

Mirakurunのチューナー設定

# mirakurun config tuners

0,1が衛星波、2,3が地上波になる

Mirakurunのチャンネル設定

# mirakurun config channels

BS/CSのチャンネルだけ登録する

チャンネルスキャンで地上波のチャンネルを設定する

# mirakurun restart
$ curl -X PUT "http://localhost:40772/api/config/channels/scan"
# mirakurun restart

別のマシンからアクセスできるようにファイアウォールを設定する

# iptables -I INPUT -p tcp -m tcp --dport 40772 -j ACCEPT
# service iptables save

1月 7th, 2018

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , ,

Leave a Comment

先月にDVB版PT3ドライバがLinuxカーネルに取り込まれた。PX-S1UDも今年取り込まれている。PX-S1UDのドライバは3.15以降で、PT3のDVB版ドライバは3.18以降で使えるようになる。

両方のドライバをDebianで使えるようにしてみた。

DebianでPX-S1UDを使う

PX-S1UDには3.15以降のカーネルで対応するので、Debianのカーネルをアップグレードすればいい。

PX-S1UDの接続確認

$ lsusb | grep VidzMedia
Bus 001 Device 002: ID 3275:0080 VidzMedia Pte Ltd

バックポートリポジトリの追加

$ sudo sh -c "echo 'deb http://http.debian.net/debian wheezy-backports main' > /etc/apt/sources.list.d/backports.list"
$ sudo aptitude update

カーネルのインストール

$ sudo aptitude -t wheezy-backports install linux-image-3.16-0.bpo.2-amd64

unzipのインストール

$ sudo aptitude install unzip

Windows用ドライバからファームウェアを導入

$ cd /usr/local/src/
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/px-s1ud/PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1.zip
$ unzip PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1.zip
$ sudo cp PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1/x64/amd64/isdbt_rio.inp /lib/firmware/

再起動

$ sudo reboot

ドライバを確認

$ lsmod | grep smsusb
smsusb                 17036  0
smsmdtv                47106  2 smsdvb,smsusb
usbcore               199395  5 uhci_hcd,ehci_hcd,ehci_pci,smsusb,usbhid
$ ls /dev/dvb/
adapter0

DebianでDVB版PT3ドライバを使う

Linux3.18で対応するが、Wheezyではまだ使えないのでV4L-DVBドライバをインストールする。ビルドには3.8以降のカーネルが必要になる。カーネルのアップグレードまではPX-S1UDと共通。

PT3の確認

$ lspci | grep Multimedia
03:00.0 Multimedia controller: Altera Corporation Device 4c15 (rev 01)

バックポートリポジトリの追加

$ sudo sh -c "echo 'deb http://http.debian.net/debian wheezy-backports main' > /etc/apt/sources.list.d/backports.list"
$ sudo aptitude update

カーネルのインストール

$ sudo aptitude -t wheezy-backports install linux-image-3.16-0.bpo.2-amd64

再起動して確認

$ sudo reboot
$ uname -r
3.16-0.bpo.2-amd64

必要なパッケージのインストール

$ sudo aptitude install git build-essential patchutils libproc-processtable-perl linux-headers-3.16-0.bpo.2-amd64

ビルド

$ cd /usr/local/src/
$ git clone --depth=1 git://linuxtv.org/media_build.git
$ cd media_build
$ ./build

インストール

$ sudo make install

ドライバモジュールのロード

$ sudo modprobe earth-pt3

ドライバの確認

$ lsmod |grep earth_pt3
earth_pt3              21751  0
dvb_core              110088  1 earth_pt3
i2c_core               50108  4 drm,i2c_piix4,drm_kms_helper,earth_pt3
$ ls /dev/dvb/
adapter0  adapter1  adapter2  adapter3

chardev版PT3ドライバを使い続ける際の注意点

Linux3.18以降を使う場合、DVB版ドライバをブラックリストに追加しておかないとDVB版ドライバが使われてしまう。PT3はearth-pt1ではなくearth-pt3を/etc/modprobe.d/blacklist.confに追加する。PT1/2を使っていない場合、earth-pt1を追加しても何の効果もない。

$ sudo sh -c "echo 'blacklist earth-pt3' >> /etc/modprobe.d/blacklist.conf

10月 26th, 2014

Posted In: ハードウェア

タグ: , , , , , , ,

2 Comments

PX-S1UDをLinuxで使えるようにしたのでChinachuと組み合わせてみた。録画にはrecdvbを使う。

暗号化の解除

録画時にB25デコードをかける場合はlibarib25やFUSE_b25をインストールしておく。

recdvbのセットアップ

PT3などと同じように録画するには録画コマンドrecdvb(recpt1の改造版)をこちらからダウンロードしておく。手順はrecpt1と変わらない。

必要なパッケージのインストール

$ sudo aptitude install automake

ビルドとインストール

$ cd /usr/local/src/
$ wget http://www13.plala.or.jp/sat/recdvb/recdvb-1.2.0.tgz
$ tar xvzf recdvb-1.2.0.tgz
$ cd recdvb-1.2.0
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-b25 #libarib25でデコードする場合
$ make
$ sudo make install

recpt1などが入っている場合checksignalが上書きされるので注意。recdvbはPT2、PT3のDVBドライバでも使えるが、衛星放送には対応していない。checksignalも形式が違うのであまり当てにならない。

録画テスト

$ recdvb --dev 0 --b25 --strip チャンネル番号 録画秒数 録画ファイル名

/dev/dvb/adapter0の場合–devに0を指定。

Chinachuのインストール

Chinachuwikiに従えば問題なくインストールできる。DVBデバイスの場合、実行ユーザーをvideoグループに所属させる必要があるので注意が必要。

必要なパッケージのインストール(wikiの記述通り)

$ sudo apt-get install build-essential curl git-core libssl-dev yasm libtool autoconf

実行ユーザー作成

$ sudo adduser chinachu
$ sudo adduser chinachu video #デバイスの操作はvideoグループにしかできないので、グループに追加
$ sudo adduser chinachu sudo #インストール・アップデートのためにsudoグループに追加

ユーザーをchinachuに切り替え

$ sudo -i -u chinachu

ソースの取得

$ git clone git://github.com/kanreisa/Chinachu.git chinachu

インストール

$ cd chinachu
$ ./chinachu installer
Chinachu Installer Menu:
[!] These are installed under all /home/chinachu/chinachu/...
[!] Recommend the Auto installation.
1) Auto (full)            5) Node.js Modules       9) libfdk-aac
2) Auto (fast)            6) epgdump              10) libogg
3) submodule              7) libx264              11) libvorbis
4) Node.js Environment    8) libvpx               12) libav
what do you install? > 1
selected: Auto (full)

サービスの登録

$ ./chinachu service operator initscript > /tmp/chinachu-operator
$ ./chinachu service wui initscript > /tmp/chinachu-wui
$ sudo chown root:root /tmp/chinachu-operator /tmp/chinachu-wui
$ sudo chmod +x /tmp/chinachu-operator /tmp/chinachu-wui
$ sudo mv /tmp/chinachu-operator /tmp/chinachu-wui /etc/init.d/
$ sudo insserv chinachu-operator
$ sudo insserv chinachu-wui

設定ファイルの作成

$ cp config.sample.json config.json #サンプルのコピー
$ sudo vi config.json

録画ファイルの保存先を設定

  "recordedDir" : "./recorded/",

ユーザーの設定

  "wuiUsers": [
    "ユーザー名:パスワード"
  ],

外部から見られないのであれば、設定そのものを削除してもいい。

ファイル名のフォーマット

"recordedFormat": "[<date:yymmdd-HHMM>][<type><channel>][<tuner>]<title>.m2ts",

フォーマットに使えるタグは/node_modules/chinachu-common/lib/chinachu-common.jsのexports.formatRecordedNameを見るとわかる。下に一覧を用意した。

チューナーの設定

  "tuners": [
    {
      "name"        : "PX-S1UD",
      "isScrambling": false,
      "types"       : [ "GR" ],
      "command"     : "recdvb --dev 0 --b25 --strip --sid <sid> <channel> - -"
    }
  ],

/dev/dvb/adapter0の場合–devに0を指定する。

チャンネル設定

  "channels": [
    { "type": "GR", "channel": "16" },
    { "type": "GR", "channel": "21" },
    { "type": "GR", "channel": "22" },
    { "type": "GR", "channel": "23" },
    { "type": "GR", "channel": "24" },
    { "type": "GR", "channel": "25" },
    { "type": "GR", "channel": "26" },
    { "type": "GR", "channel": "27" }
  ]

地域に合わせて設定する

サービスの起動

$ sudo service chinachu-operator start
$ sudo service chinachu-wui start

しばらく待つと番組表が作成される。

WUIに接続

ブラウザに"http://IPアドレス:10772/"と入力するとChinachuのWUIに接続できる。ここから予約や録画ファイルの視聴・管理が行える。ストリーミング再生を無変換以外で使うにはそれなりのスペックが必要。番組表からできるライブ視聴はエンコードが必要で信頼性がまだ低いので、予約録画して再生した方がいい。

エイリアス

他のユーザーでchinachuコマンドをそのまま使うのはまずそうなので、普段使っているユーザーで使えるようにエイリアスを追加。(次回ログインから有効)

$ echo "alias chinachu='sudo -u chinachu /home/chinachu/chinachu/chinachu'" >> ~/.bash_aliases

CLIコマンド

自動予約ルール確認

$ chinachu rules

予約済み番組の確認

$ chinachu reserves

録画中番組の確認

$ chinachu recording

録画済み番組の確認

$ chinachu reserves recorded 

Chinachuのアップデート

$ chinachu updater

番組表手動更新

$ chinachu update

番組表の作り直し

$ chinachu update -f

ロックファイルの削除

$ chinachu unlock

ファイル名のフォーマット

<date:日付フォーマット>
日時。dateformatが使われる。
<id>
番組ID
<type>
放送波の種類
<channel>
チャンネル番号
<channel-id>
チャンネルID
<channel-sid>
SID
<channel-name>
チャンネル名
<tuner>
チューナー名
<title>
タイトル
<fulltitle>
EPGで受信したタイトル
<subtitle>
サブタイトル
<episode>
話数
<category>
ジャンル

3月 23rd, 2014

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , , , , , , , ,

Leave a Comment