CentOS 7、Ubuntu 16.04 LTS、Debian 8でPX-W3U4の設定をしたみたのでまとめる。
PX-Q3U4, PX-W3PE4, PX-Q3PE4でも同じ手順でセットアップできる。

EPELリポジトリを追加(CentOS)

CentOSはEPRLのパッケージが必要なので追加する。

$ curl -LO http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh epel-release-latest-7.noarch.rpm

カーネルをアップデート(Ubuntu+Linux4.13.0-19)

配布されているモジュールに合わせたカーネルをインストールする。カーネルのアップデートはできない。

$ sudo apt-get install linux-image-4.13.0-19-generic linux-headers-4.13.0-19-generic
$ sudo reboot
$ uname -r
4.13.0-19-generic

カーネルをアップデート(Ubuntu+HWEカーネル)

モジュール書き換えることでHWEカーネルでも使用できる。
少し手間はかかるが、Ubuntu 18.04がリリースされるまでは対応したカーネルのアップデートがある。

$ sudo apt-get install linux-generic-hwe-16.04
$ sudo reboot
$ uname -r
4.13.0-26-generic

ドライバのダウンロード(CentOS)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ sudo yum install -y unzip
$ curl -LO http://plex-net.co.jp/plex/linux/CentOS7-1708_64bit_kernel3.10.0-693.zip
$ unzip CentOS7-1708_64bit_kernel3.10.0-693.zip
$ cd CentOS7-1708_64bit_kernel3.10.0-693/

ドライバのダウンロード(Ubuntu)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/linux/Ubuntu17.10_64bit_Kernel4.13.0-19.zip
$ unzip Ubuntu17.10_64bit_Kernel4.13.0-19.zip
$ cd Ubuntu17.10_64bit_Kernel4.13.0-19/

ドライバのダウンロード(Debian)

$ mkdir -p ~/src/
$ cd ~/src/
$ wget http://plex-net.co.jp/plex/linux/Debian8.0.0_64bit_kernel3.16.0-4.zip
$ unzip Debian8.0.0_64bit_kernel3.16.0-4.zip
$ cd Debian8.0.0_64bit_kernel3.16.0-4/

DKMSをインストール(CentOS)

ドライバ周りの操作を自動化するためにDKMSを使用する。これでカーネルのアップデートがあった場合も自動的に適応できる。

$ sudo yum install -y dkms kernel-headers kernel-devel

DKMSをインストール(Ubuntu, Debian)

$ sudo apt-get install -y dkms

ドライバをインストール(CentOS, Ubuntu+Linux4.13.0-19, Debian)

モジュールをコピーするだけの設定を作る。Ubuntu+HWEカーネル以外は同じ。

$ sudo mkdir -p /usr/src/px4-1712/
$ sudo cp -v *.ko /usr/src/px4-1712/
$ sudo vi /usr/src/px4-1712/dkms.conf

$ sudo dkms install -m px4 -v 1712

ドライバをインストール(Ubuntu+HWEカーネル)

UbuntuとHWEカーネルを使う場合はモジュールのvermagicを書き換える必要がある。

$ sudo mkdir -p /usr/src/px4-1712/src/
$ sudo cp -v *.ko /usr/src/px4-1712/src/
$ sudo vi /usr/src/px4-1712/dkms.conf

$ sudo dkms install -m px4 -v 1712

udevのルールを作成(CentOS, Debian)

アップデートに備えてモジュールを強制ロードできるようにする。チューナーの接続時にmodprobeを–forceオプションを付きで実行させる。デバイスファイルのパーミッションも設定する。

$ sudo vi /etc/udev/rules.d/99-px4.rules
ACTION=="add", SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="0511", ATTR{product}=="*[QW]3*4", RUN+="/sbin/modprobe -f usb-px4"
KERNEL=="px4-DTV*", GROUP="video", MODE="0666"
$ sudo reboot
$ ls /dev/px4-DTV*
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

udevのルールを作成(Ubuntu)

Ubuntuの場合は強制ロードは必要ないので、パーミッションだけ設定する。

$ sudo vi /etc/udev/rules.d/99-px4.rules
KERNEL=="px4-DTV*", GROUP="video", MODE="0666"
$ sudo reboot
$ ls /dev/px4-DTV*
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

libarib25を導入(CentOS)

内蔵のカードリーダーは使えないので別途用意する。CentOSは/usr/local/libへのパスを通す。

$ cd ~/src/
$ sudo yum install -y git cmake gcc-c++ pcsc-lite pcsc-lite-devel pcsc-tools
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install
$ sudo sh -c "echo /usr/local/lib >> /etc/ld.so.conf.d/libc.conf"
$ sudo ldconfig

libarib25を導入(Ubuntu, Debian)

$ cd ~/src/
$ sudo apt-get install -y git build-essential cmake libpcsclite1 libpcsclite-dev pcscd pcsc-tools
$ git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
$ cd libarib25/
$ cmake .
$ make
$ sudo make install

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

recpt1を導入

CentOS 6のドライバに付属しているrecpt1を使う。B25を有効にするためリビルド。通常のrecpt1と区別するためリネームした。checksignalはうまく動作しない。

$ cd ~/src/
$ curl -LO http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip
$ unzip Linux_Driver.zip
$ cd Linux_Driver/MyRecpt1/MyRecpt1/recpt1/
$ sh configure --enable-b25
$ make
$ sudo install -m 755 recpt1 /usr/local/bin/recpx4
$ sudo install -m 755 recpt1ctl /usr/local/bin/recpx4ctl

録画テスト

実際に録画してみる。0,1が衛星波、2,3が地上波。チューナーが増えた場合も衛星波2、地上波2の順で繰り返される。

$ cd ~
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV0 --lnb 15 --b25 --strip BS15_0 10 bs0.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV1 --lnb 15 --b25 --strip BS15_0 10 bs1.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV2 --b25 --strip 27 10 gr0.m2ts
$ recpx4 --device /dev/px4-DTV3 --b25 --strip 27 10 gr1.m2ts

1月 29th, 2018

Posted In: ハードウェア

タグ: , , , , , , ,

Leave a Comment

CentOS 6だけに対応していたときの覚書。今は他のディストリビューションにも対応しているので古い情報。
追記: 新しい情報はこちら

PX-W3U4のセットアップ

unzipのインストール

# yum install unzip -y

ドライバをダウンロード

# curl -LO http://plex-net.co.jp/download/linux/Linux_Driver.zip

ドライバモジュールをロード

# unzip Linux_Driver.zip
# cd  Linux_Driver/Linux_Driver/
# insmod tty_Virtual.ko
# insmod usb-px4.ko

認識されているか確認

# ls /dev/px4-DTV?
/dev/px4-DTV0  /dev/px4-DTV1  /dev/px4-DTV2  /dev/px4-DTV3

再起動すると元に戻るので自動的にロードさせる
ドライバをコピー

# cp -v tty_Virtual.ko usb-px4.ko /usr/local/lib64/
`tty_Virtual.ko' -> `/usr/local/lib/tty_Virtual.ko'
`usb-px4.ko' -> `/usr/local/lib/usb-px4.ko'

設定を追加

# vi /etc/sysconfig/modules/usb-px4.modules
#!/bin/sh
/sbin/insmod /usr/local/lib64/tty_Virtual.ko
/sbin/insmod /usr/local/lib64/usb-px4.ko

実行権限を追加

# chmod +x /etc/sysconfig/modules/usb-px4.modules

recpt1をインストール

# cd ../MyRecpt1/MyRecpt1/recpt1
# install -m 755 recpt1 /usr/local/bin/recpx4
# install -m 755 recpt1ctl /usr/local/bin/recpx4ctl

ビルドは必要ない。PT1/2/3用とややこしいのでrecpx4にリネームしておく

Mirakurunを導入

内蔵カードリーダーは使えないのでカードリーダーを別途用意する。

NodeJSをインストール

# curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_6.x | bash -
# yum install -y nodejs

arib-b25-stream-testをセットアップ(EPELの導入が必要)

# curl -LO http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm                          
# yum install gcc-c++ pcsc-lite pcsc-lite-devel pcsc-tools
# npm install arib-b25-stream-test -g --unsafe

そのままではサービスがうまく起動しないので再起動する

# reboot

カードリーダーの動作確認

$ pcsc_scan | grep B-CAS
        Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

PM2のインストール

# npm install pm2 -g
# pm2 startup

Mirakurunのインストール

# npm install mirakurun -g --unsafe --production

Mirakurunのチューナー設定

# mirakurun config tuners

0,1が衛星波、2,3が地上波になる

Mirakurunのチャンネル設定

# mirakurun config channels

BS/CSのチャンネルだけ登録する

チャンネルスキャンで地上波のチャンネルを設定する

# mirakurun restart
$ curl -X PUT "http://localhost:40772/api/config/channels/scan"
# mirakurun restart

別のマシンからアクセスできるようにファイアウォールを設定する

# iptables -I INPUT -p tcp -m tcp --dport 40772 -j ACCEPT
# service iptables save

1月 7th, 2018

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , ,

Leave a Comment

Qtを使い始めたのでインストール手順をまとめる。QtにはQt CreatorというIDEが含まれているので他に何も用意しなくても開発が始められる。

Qt Projectのサイトのダウンロードページから"Qt Online Installer for Windows"をダウンロード
install_qt5.1_01

ダウンロードしたファイルを実行
install_qt5.1_02

Nextをクリックして少し待つ
install_qt5.1_03

インストール先とQt Creatorの関連付けを指定する
install_qt5.1_04

インストールするパッケージの選択
Qt Creatorのチェックは外せない
install_qt5.1_05
Qt Maintenance Toolを使って後からパッケージを追加することもできる

変更しなくてもWindowsアプリは開発できるが、Androidアプリの開発をする場合はチェックしておく
install_qt5.1_06

ライセンスに同意する
install_qt5.1_07

スタートメニューのフォルダ名
install_qt5.1_08
そのままで問題ない

Installをクリックしてインストール開始
install_qt5.1_09

UACが出るので許可
install_qt5.1_10

しばらく待つ
install_qt5.1_11

インストール完了
install_qt5.1_12


11月 4th, 2013

Posted In: ソフトウェア, プログラミング

タグ: , , ,

Leave a Comment

wineが前回やった方法でインストールできなくなっているので何とかインストールしてみた。

作業ディレクトリを作成して移動

$ mkdir /usr/local/src/wine-unstable/
$ cd /usr/local/src/wine-unstable/

パッケージのダウンロード

$ wget http://dev.carbon-project.org/debian/wine-unstable/\
{libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-bin-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-capi-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-cms-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-dbg-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-dev-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-gl-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-gphoto2-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-ldap-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-openal-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-oss-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-print-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-sane-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
wine-bin-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
wine-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb}

libwine-alsa-unstableが依存しているlib32asound2がsqueezeでは古いのでwineが上手くインストールできない。無理やりインストールしても問題は見当たらなかったのでlibwine-alsa-unstableのパッケージを書き換える。

libwine-alsa-unstableのパッケージを展開

$ dpkg-deb -x libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64
$ dpkg-deb -e libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64/DEBIAN

依存しているlib32asound2のバージョンを書き換え(squeezeのlib32asound2は1.0.23-2.1)

$ vi libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64/DEBIAN/control
     7  Depends: lib32asound2 (>= 1.0.23-2.1), libc6-i386 (>= 2.1.3), libwine-unstable (= 1.4~rc1-0.1)

パッケージを再構築

$ dpkg-deb -b libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64 libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb

パッケージのインストール

sudo dpkg -i *.deb

依存関係の修復

$ sudo aptitude -f install
以下の、インストールが完了していないパッケージが設定されます:
  libwine-alsa-unstable{b} libwine-bin-unstable libwine-capi-unstable libwine-cms-unstable{b} libwine-dbg-unstable libwine-dev-unstable{b} libwine-gl-unstable{b} libwine-gphoto2-unstable{b} libwine-ldap-unstable{b}
  libwine-openal-unstable{b} libwine-oss-unstable{b} libwine-print-unstable libwine-sane-unstable libwine-unstable{b} wine-bin-unstable wine-unstable
インストール・削除・更新されるパッケージがありません。
更新: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
0 B のアーカイブを取得する必要があります。展開後に 0 B のディスク領域が新たに消費されます。
以下のパッケージには満たされていない依存関係があります:
  libwine-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
                    依存: lib32z1 (>= 1:1.1.4) but it is not going to be installed.
  libwine-openal-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-ldap-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-dev-unstable: 依存: libc6-dev but it is not going to be installed.
                        依存: libc6-dev-i386 but it is not going to be installed.
  libwine-cms-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-alsa-unstable: 依存: lib32asound2 (>= 1.0.23-2.1) but it is not going to be installed.
  libwine-gl-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-oss-unstable: 依存: oss-compat but it is not going to be installed.
  libwine-gphoto2-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
以下のアクションでこれらの依存関係の問題は解決されます:

      以下のパッケージを削除する:
1)      libwine-alsa-unstable
2)      libwine-bin-unstable
3)      libwine-capi-unstable
4)      libwine-cms-unstable
5)      libwine-dbg-unstable
6)      libwine-dev-unstable
7)      libwine-gl-unstable
8)      libwine-gphoto2-unstable
9)      libwine-ldap-unstable
10)     libwine-openal-unstable
11)     libwine-oss-unstable
12)     libwine-print-unstable
13)     libwine-sane-unstable
14)     libwine-unstable
15)     wine-bin-unstable
16)     wine-unstable



この解決方法を受け入れますか? [Y/n/q/?]n
以下のアクションでこれらの依存関係の問題は解決されます:

      以下のパッケージをインストールする:
1)      binutils [2.20.1-16 (stable)]
2)      gcc [4:4.4.5-1 (stable)]
3)      gcc-4.4 [4.4.5-8 (stable)]
4)      gcc-4.4-multilib [4.4.5-8 (stable)]
5)      gcc-multilib [4:4.4.5-1 (stable)]
6)      ia32-libs [20120102 (stable)]
7)      lib32asound2 [1.0.23-2.1 (stable)]
8)      lib32bz2-1.0 [1.0.5-6+squeeze1 (stable)]
9)      lib32gcc1 [1:4.4.5-8 (stable)]
10)     lib32gomp1 [4.4.5-8 (stable)]
11)     lib32ncurses5 [5.7+20100313-5 (stable)]
12)     lib32stdc++6 [4.4.5-8 (stable)]
13)     lib32v4l-0 [0.8.0-1 (stable)]
14)     lib32z1 [1:1.2.3.4.dfsg-3 (stable)]
15)     libc-dev-bin [2.11.3-2 (stable)]
16)     libc6-dev [2.11.3-2 (stable)]
17)     libc6-dev-i386 [2.11.3-2 (stable)]
18)     libgomp1 [4.4.5-8 (stable)]
19)     linux-libc-dev [2.6.32-41 (stable)]
20)     oss-compat [0.0.4+nmu3 (stable)]



この解決方法を受け入れますか? [Y/n/q/?]y
以下の新規パッケージがインストールされます:
  binutils{a} gcc{a} gcc-4.4{a} gcc-4.4-multilib{a} gcc-multilib{a} ia32-libs{a} lib32asound2{a} lib32bz2-1.0{a} lib32gcc1{a} lib32gomp1{a} lib32ncurses5{a} lib32stdc++6{a} lib32v4l-0{a} lib32z1{a} libc-dev-bin{a}
  libc6-dev{a} libc6-dev-i386{a} libgomp1{a} linux-libc-dev{a} oss-compat{a}
以下の、インストールが完了していないパッケージが設定されます:
  libwine-alsa-unstable libwine-bin-unstable libwine-capi-unstable libwine-cms-unstable libwine-dbg-unstable libwine-dev-unstable libwine-gl-unstable libwine-gphoto2-unstable libwine-ldap-unstable
  libwine-openal-unstable libwine-oss-unstable libwine-print-unstable libwine-sane-unstable libwine-unstable wine-bin-unstable wine-unstable
更新: 0 個、新規インストール: 20 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
49.7 MB のアーカイブを取得する必要があります。展開後に 129 MB のディスク領域が新たに消費されます。
先に進みますか? [Y/n/?] y

これで問題なくインストールされた。

winetricksのインストール

$ wget http://winetricks.org/winetricks
$ sudo cp winetricks /usr/local/bin/
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/winetricks

1月 31st, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , ,

Leave a Comment

Wine公式に書かれているDebian用のダウンロード先がいつの間にか別の所に変わっていて、1.3のパッケージがあったので入れてみた。パッケージはDirectory listing | Wine (wine-unstable) packagesにある。インストールは自己責任でリポジトリは公開しないというようなことが書かれている。”(for Debian Sid)”とあるがsqueezeでも問題なくインストールできる。

とりあえず、wine-unstableだけインストールしてみる。

$ wget http://dev.carbon-project.org/debian/wine-unstable/wine-unstable_1.3.24-0.2_amd64.deb
$ sudo dpkg -i wine-unstable_1.3.24-0.2_amd64.deb
未選択パッケージ wine-unstable を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 127711 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(wine-unstable_1.3.24-0.2_amd64.deb から) wine-unstable を展開しています...
dpkg: 依存関係の問題により wine-unstable の設定ができません:
 wine-unstable は以下に依存 (depends) します: wine-bin-unstable (= 1.3.24-0.2) ...しかし:
  パッケージ wine-bin-unstable はまだインストールされていません。
 wine-unstable は以下に依存 (depends) します: libwine-alsa-unstable (= 1.3.24-0.2) | libwine-oss-unstable (= 1.3.24-0.2) | libwine-esd-unstable (= 1.3.24-0.2) | libwine-jack-unstable (= 1.3.24-0.2) | libwine-nas-unstable (= 1.3.24-0.2) ...しかし:
  パッケージ libwine-alsa-unstable はまだインストールされていません。
  パッケージ libwine-oss-unstable はまだインストールされていません。
  パッケージ libwine-esd-unstable はまだインストールされていません。
  パッケージ libwine-jack-unstable はまだインストールされていません。
  パッケージ libwine-nas-unstable はまだインストールされていません。
 wine-unstable は以下に依存 (depends) します: libwine-gl-unstable (= 1.3.24-0.2) ...しかし:
  パッケージ libwine-gl-unstable はまだインストールされていません。
 wine-unstable は以下に依存 (depends) します: libwine-print-unstable (= 1.3.24-0.2) ...しかし:
  パッケージ libwine-print-unstable はまだインストールされていません。
 wine-unstable は以下に依存 (depends) します: libwine-sane-unstable (= 1.3.24-0.2) ...しかし:
  パッケージ libwine-sane-unstable はまだインストールされていません。
 wine-unstable は以下に依存 (depends) します: libwine-cms-unstable (= 1.3.24-0.2) ...しかし:
  パッケージ libwine-cms-unstable はまだインストールされていません。
 wine-unstable は以下に依存 (depends) します: libwine-gphoto2-unstable (= 1.3.24-0.2) ...しかし:
  パッケージ libwine-gphoto2-unstable はまだインストールされていません。
 wine-unstable は以下に依存 (depends) します: libwine-ldap-unstable (= 1.3.24-0.2) ...しかし:
  パッケージ libwine-ldap-unstable はまだインストールされていません。
 wine-unstable は以下に依存 (depends) します: libwine-openal-unstable (= 1.3.24-0.2) ...しかし:
  パッケージ libwine-openal-unstable はまだインストールされていません。
dpkg: wine-unstable の処理中にエラーが発生しました (--install):
 依存関係の問題 - 設定を見送ります
以下のパッケージの処理中にエラーが発生しました:
 wine-unstable

wine-bin-unstable,libwine-alsa-unstable(or libwine-oss-unstable or libwine-esd-unstable or libwine-jack-unstable or libwine-nas-unstable),libwine-gl-unstable,libwine-print-unstable,libwine-sane-unstable,libwine-cms-unstable, libwine-gphoto2-unstableに依存していて、置いてあるパッケージのほとんどを入れる必要があることが分かる。

まとめてダウンロードしてインストールする。 (さらに…)


7月 12th, 2011

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , ,

Leave a Comment