Debianのパッケージでlibvirtdを導入している。libvirtグループに所属していれば一般ユーザーでもvirt-managerで仮想マシンの管理ができるが、virshでの操作が行えない。一般ユーザーにはデフォルトのホストが設定されていないからだ。

仮想マシンが稼働している環境でも一覧が表示されない。

$ virsh list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------

接続先のURIが指定してみると表示される。

$ virsh -c qemu:///system list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 1     www                            running

rootにはデフォルトの接続先が設定されている。これは/etc/libvirt/libvirt.confで設定できる。

$ cat /etc/libvirt/libvirt.conf | grep uri_default
#uri_default = "qemu:///system"

これは一般ユーザーには適用されない。一般ユーザーは環境変数を設定する必要がある。

LIBVIRT_DEFAULT_URIにURIを設定すると接続先指定なしで接続できる。

$ export LIBVIRT_DEFAULT_URI="qemu:///system"
$ virsh list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 1     www                            running

.bashrcで常に適用されるようにする。

$ echo 'export LIBVIRT_DEFAULT_URI="qemu:///system"' >> ~/.bashrc

参考:libvirt: Connection URIs

おすすめ


4月 13th, 2014

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , ,

One Comment

一人暮らしを始める際にPT3を導入した。そのままではカーネル更新時にドライバが使えなくなってしまうのでPT3にもDKMSを導入してみた。dkms.confがソースに導入されているので、思いの外簡単に設定できた。環境はDebian(Wheezy)

DKMSのインストール

$ sudo aptitude install dkms

/usr/src/以下にPT3ドライバのソースを取得

$ cd /usr/src/
$ sudo git clone git://github.com/m-tsudo/pt3.git pt3_drv-0.0.1
Cloning into 'pt3_drv-0.0.1'...
remote: Counting objects: 541, done.
remote: Compressing objects: 100% (150/150), done.
remote: Total 541 (delta 390), reused 535 (delta 384)
Receiving objects: 100% (541/541), 133.67 KiB | 136 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (390/390), done.

dkms.confに書かれているPACKAGE_NAMEとPACKAGE_VERSIONの通りにパスやコマンドを指定する。

DKMSにPT3ドライバのソースを追加

$ sudo dkms add -m pt3_drv -v 0.0.1

Creating symlink /var/lib/dkms/pt3_drv/0.0.1/source ->
                 /usr/src/pt3_drv-0.0.1

DKMS: add completed.

自動インストールの動作を確認(build,install未実行時)

$ sudo /usr/lib/dkms/dkms_autoinstaller start
[....] dkms: running auto installation service for kernel 3.2.0-4-amd64:
Kernel preparation unnecessary for this kernel.  Skipping...

Building module:
cleaning build area....
make KERNELRELEASE=3.2.0-4-amd64 KVER=3.2.0-4-amd64.....
cleaning build area....

DKMS: build completed.

pt3_drv.ko:
Running module version sanity check.
 - Original module
 - Installation
   - Installing to /lib/modules/3.2.0-4-amd64/updates/dkms/

depmod....

DKMS: install completed.
. ok

ここまでで、導入は完了。手動で実行する場合や削除する場合は下記のコマンドを使う。

ドライバモジュールのビルド

$ sudo dkms build -m pt3_drv -v 0.0.1

Kernel preparation unnecessary for this kernel.  Skipping...

Building module:
cleaning build area....
make KERNELRELEASE=3.2.0-4-amd64 KVER=3.2.0-4-amd64.....
cleaning build area....

DKMS: build completed.

ドライバモジュールのインストール

$ sudo dkms install -m pt3_drv -v 0.0.1

pt3_drv:
Running module version sanity check.
 - Original module
 - Installation
   - Installing to /lib/modules/3.2.0-4-amd64/updates/dkms/

depmod....

DKMS: install completed.

ドライバモジュールのアンインストール(動かない?)

$ sudo dkms uninstall -m pt3_drv -v 0.0.1 

ソースパッケージの登録削除

$ sudo dkms remove -m pt3_drv -v 0.0.1 --all

-------- Uninstall Beginning --------
Module:  pt3_drv
Version: 0.0.1
Kernel:  3.2.0-4-amd64 (x86_64)
-------------------------------------

Status: Before uninstall, this module version was ACTIVE on this kernel.

pt3_drv.ko:
 - Uninstallation
   - Deleting from: /lib/modules/3.2.0-4-amd64/updates/dkms/
 - Original module
   - No original module was found for this module on this kernel.
   - Use the dkms install command to reinstall any previous module version.

depmod....

DKMS: uninstall completed.

------------------------------
Deleting module version: 0.0.1
completely from the DKMS tree.
------------------------------
Done.

おすすめ


7月 31st, 2013

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , ,

Leave a Comment

MythTVでBSのチューニングをできるようにするパッチを更新したので、使い方もまとめる。

ダウンロード

mythtv-bs.zip

ファイルの内容は次の通り

  • mythtv-bs-lnb.patch BS対応パッチ(LNB電源ON)
  • mythtv-bs-nolnb.patch BS対応パッチ(LNB電源OFF)
  • channel_add.sh チャンネル登録スクリプト
  • example.txt 使用例

以前のものからの変更点

  • 安定化させる対策を行なっても0Byteで録画されない不具合の対応
  • コード整理
  • LNBON/OFFでパッチを分離
  • channel_add.shにuseonairguideとcallsign/nameの設定機能を追加
  • channel_add.shを4桁以上のチャンネル番号に対応させた

不具合について

0Byteの時にログを確認すると次のようなメッセージがあり、全く別のチャンネルのtsidとPATが出力されていた。

Program #211 not found in PAT!

チューニングが失敗しているか間に合っていないようなので、s2scanに習ってチューニング前にウェイトを挿入するようにした。

パッチの当て方

mythtvのソースに次のように当てる

$ cd mythtv-0.24.1
$ patch -p1 < ../mythtv-bs-lnb.patch
patching file libs/libmythtv/dtvmultiplex.h
patching file libs/libmythtv/dtvmultiplex.cpp
patching file libs/libmythtv/dvbchannel.cpp

通常はmythtv-bs-lnb.patchで問題ないがCATVやブースターなどを使っている場合はmythtv-bs-nolnb.patchを当てる。

対応しているMythTVのバージョンは0.24系

チャンネル登録の方法

MythTVのチャンネルスキャンには対応しないのでスクリプトを使ってデータベースに直接入力する。

channel_add.shの最初の変数を環境に合わせて書き換える。

#!/bin/sh
DBUSER="mythtv"
DBPASSWORD="password"
DATABASE="mythconverg"
$ channel_add.sh
Usage:
 channel_add.sh frequency netid tsid pid source chan_num { airguide { chan_name } }

sourceidは衛星側のビデオソースのもの、chan_numは好みのチャンネル番号を指定する。frequencyはs2scanの結果から、それ以外はTVTestに付いてくるPreset_BS.ch2、Preset_CS.ch2をCSVとして開いて見るとわかりやすい。Preset_BS.ch2(Preset_CS.ch2)のネットワークIDがnetid、TSIDがtsid、サービス IDがpidにあたる。netidはBSが4、CS1ネットワークが6、CS2ネットワークが7となる。sourceidは衛星側のビデオソースのもの、chan_numは好みのチャンネル番号を指定する。airguideに1を指定すると番組表のスキャンが有効になる(0で無効)。chan_nameにはチャンネル名が指定できる。

ただし、CSに関しては受信できるか怪しい。

(さらに…)

おすすめ


7月 18th, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , , , ,

Leave a Comment

今使ってる様子のおかしいルーターはNECのWR8500N。熱で壊れたと思うけど、それでも完全に切れないのはcoregaと大違い。家庭用ルーターは相変わらずNECが鉄板なので次もNECにする。

候補に上がるのはWR8700NとWR8300N、どちらも有線1Gbps、WR8500Nと違ってJumboFrame対応。WR8500Nは上位機種のWR8700Nと値段が変わらないので候補にしない。両方WPA2対応でサブSSIDのネットワーク隔離に対応している。WR8500Nにほしかった機能だからうれしい。今まではWEPのサブSSIDが隔離できないため無効にしていた。

WR8700Nにすると性能が上がって、多機能になる。無線はa/b/g/n同時利用でアンテナは4本。今まではa/n・b/g/n切り替えだった。ただし家にはa対応機器がない。USB機能もあるが、ファイルサーバーがあるので使わない。

WR8300Nにすると有線性能はほぼそのまま。無線はアンテナが3つから2つになるが、150Mbpsの無線しかないため影響は少ない。a/nも同じ。消費電力はWR8500Nより少ない。(=熱の発生少ない)熱暴走も少ないはず。

WR8700NでもWR8500N買った値段より安いが、値段差は4000円程度。それほど利点がないのでWR8300Nを注文した。

おすすめ


8月 10th, 2010

Posted In: ネットワーク

タグ: , , , ,

Leave a Comment