Debianのパッケージでlibvirtdを導入している。libvirtグループに所属していれば一般ユーザーでもvirt-managerで仮想マシンの管理ができるが、virshでの操作が行えない。一般ユーザーにはデフォルトのホストが設定されていないからだ。

仮想マシンが稼働している環境でも一覧が表示されない。

$ virsh list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------

接続先のURIが指定してみると表示される。

$ virsh -c qemu:///system list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 1     www                            running

rootにはデフォルトの接続先が設定されている。これは/etc/libvirt/libvirt.confで設定できる。

$ cat /etc/libvirt/libvirt.conf | grep uri_default
#uri_default = "qemu:///system"

これは一般ユーザーには適用されない。一般ユーザーは環境変数を設定する必要がある。

LIBVIRT_DEFAULT_URIにURIを設定すると接続先指定なしで接続できる。

$ export LIBVIRT_DEFAULT_URI="qemu:///system"
$ virsh list
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 1     www                            running

.bashrcで常に適用されるようにする。

$ echo 'export LIBVIRT_DEFAULT_URI="qemu:///system"' >> ~/.bashrc

参考:libvirt: Connection URIs

おすすめ


4月 13th, 2014

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , ,

One Comment

Debian 6.0(squeeze)にKVM環境をインストールする。管理ツールはaptでインストールできで操作が簡単なvirt-managerを使う。

パッケージのインストール

$sudo aptitude install virt-manager qemu-kvm hal

halが入ってないとネットワークデバイスが取得できないので一緒にインストールする。

パッケージをインストールしたら、libvirtグループに管理するユーザーを登録する。

$sudo adduser <ユーザー名> libvirt

ブリッジデバイスの作成

設定が勝手に変わらないようにNetwork Managerを削除

$sudo aptitude remove network-manager

ブリッジにするデバイスの構成をmanualして、ブリッジに設定を記述する。

auto eth0 iface eth0 inet manual auto br0 iface br0 inet static   address 192.168.0.10   network 192.168.0.0   netmask 255.255.255.0   broadcast 192.168.0.255   gateway 192.168.0.1   bridge_ports eth0 #ブリッジにするデバイス   bridge_stp off #STPをOff

再起動

KVMとブリッジを有効にするために再起動する。

$sudo reboot

virt-managerの起動

メニューバーから「アプリケーション」→「システムツール」→「仮想マシンマネージャ」。または、コマンドで起動する。

$virt-manager

ゲストはウィザードで簡単に作成できる。

おすすめ


2月 18th, 2011

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , ,

Leave a Comment