Debian 6.0(squeeze)にKVM環境をインストールする。管理ツールはaptでインストールできで操作が簡単なvirt-managerを使う。

パッケージのインストール

$sudo aptitude install virt-manager qemu-kvm hal

halが入ってないとネットワークデバイスが取得できないので一緒にインストールする。

パッケージをインストールしたら、libvirtグループに管理するユーザーを登録する。

$sudo adduser <ユーザー名> libvirt

ブリッジデバイスの作成

設定が勝手に変わらないようにNetwork Managerを削除

$sudo aptitude remove network-manager

ブリッジにするデバイスの構成をmanualして、ブリッジに設定を記述する。

auto eth0 iface eth0 inet manual auto br0 iface br0 inet static   address 192.168.0.10   network 192.168.0.0   netmask 255.255.255.0   broadcast 192.168.0.255   gateway 192.168.0.1   bridge_ports eth0 #ブリッジにするデバイス   bridge_stp off #STPをOff

再起動

KVMとブリッジを有効にするために再起動する。

$sudo reboot

virt-managerの起動

メニューバーから「アプリケーション」→「システムツール」→「仮想マシンマネージャ」。または、コマンドで起動する。

$virt-manager

ゲストはウィザードで簡単に作成できる。

おすすめ


2月 18th, 2011

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , ,

Leave a Comment

Debian 6.0(squeeze)がリリースされたのでクリーンインストールした。アップグレードしたのはローカルで使ってるサーバー(KVMのホスト)と公開用に使ってるサーバー(KVMのゲスト)の2台。覚えているうちに作業記録を残す。

ローカルサーバーは新しいHDDに移行するついでにアップグレード。GPTへのインストールや録画鯖の再構築で手間取った。録画鯖はやった記憶がほとんどなくて困った。

公開サーバーはしばらくそのまましておくつもりが、squeezeから一部パッケージを借りていたため自動アップグレードされてしまった。ダウングレードすると壊れて、完全にアップグレードするとPHPが動かなくなったので、クリーンインストールした(KVMで動いているため、ディスクイメージを戻すだけで元通り)。PHPは設定を変えないと動かなかった。

おすすめ


2月 16th, 2011

Posted In: 雑記

タグ: , , , , , ,

Leave a Comment