アンテナを110度CS対応にしたので、試用期間の残っているB-CASカードを使って検証してみた。MythTVにはBS対応パッチを当ててある。

アンテナとケーブル

アンテナを変える前はBSのほとんどのチャンネルが受信できたが、周波数の高いDlifeなどは受信できなかった。しかし、新しいアンテナに交換してもDlifeとCSの受信状態が悪く、CSの信号レベルが低かった。別の部屋のテレビは正常に受信できていたので、古いケーブルを交換してみると改善した。

受信確認

チャンネル登録スクリプトでチャンネルを登録して、視聴してみる。BSはすべてのチャンネルが正常に視聴することができた。しかし、チャンネルがCSに変わると極端に精度が落ちた。ほとんどが受信状態が悪いチャンネルで全く見れないチャンネルも多かった。正常に視聴できるチャンネルは一握り。

見れないチャンネルから特徴を探ってみるが、特定の周波数でもない。チューニング情報にも誤りはない。mythtvには原因がわかるログが見つからなかったが、syslogには大量のエラーが表示されていた。

failed to poll. errno:0.
poll received an error on the fd for pid:0x0701

MythTVに原因がないか切り分けるためにtuneコマンドとcatで録画する。確認したところ、MythTVでの視聴と大差ない。TvtPlayで確認していて、そこでサービスがいくつもあるのに気がついた。BSはTSIDでチャンネルを分けているのに対して、CSはserviceidでチャンネルを分けている(一つのチャンネルにサービスがいくつもある)。

FUSE_b25でCSは見れない?

CS放送は一つの周波数にいくつもサービスが載っていてその数も多い。FUSE_b25はそのすべてをデコードしようとするので、処理し切れない可能性が出てくる。だとすると、FUSE_b25ではCSを見れないことになる。見れないのは自分の環境だけかもしれないが、見れないという情報がいくつかある。

FUSE_b25の仕組みからしてどうにもならない。MythTV+DVBでのCS録画はMythTVにb25デコード機能を付けない限り難しいだろう。無料放送だけを見るので個人的な影響は小さいだろうが。

おすすめ


7月 18th, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , , ,

Leave a Comment

MythTVでBSのチューニングをできるようにするパッチを更新したので、使い方もまとめる。

ダウンロード

mythtv-bs.zip

ファイルの内容は次の通り

  • mythtv-bs-lnb.patch BS対応パッチ(LNB電源ON)
  • mythtv-bs-nolnb.patch BS対応パッチ(LNB電源OFF)
  • channel_add.sh チャンネル登録スクリプト
  • example.txt 使用例

以前のものからの変更点

  • 安定化させる対策を行なっても0Byteで録画されない不具合の対応
  • コード整理
  • LNBON/OFFでパッチを分離
  • channel_add.shにuseonairguideとcallsign/nameの設定機能を追加
  • channel_add.shを4桁以上のチャンネル番号に対応させた

不具合について

0Byteの時にログを確認すると次のようなメッセージがあり、全く別のチャンネルのtsidとPATが出力されていた。

Program #211 not found in PAT!

チューニングが失敗しているか間に合っていないようなので、s2scanに習ってチューニング前にウェイトを挿入するようにした。

パッチの当て方

mythtvのソースに次のように当てる

$ cd mythtv-0.24.1
$ patch -p1 < ../mythtv-bs-lnb.patch
patching file libs/libmythtv/dtvmultiplex.h
patching file libs/libmythtv/dtvmultiplex.cpp
patching file libs/libmythtv/dvbchannel.cpp

通常はmythtv-bs-lnb.patchで問題ないがCATVやブースターなどを使っている場合はmythtv-bs-nolnb.patchを当てる。

対応しているMythTVのバージョンは0.24系

チャンネル登録の方法

MythTVのチャンネルスキャンには対応しないのでスクリプトを使ってデータベースに直接入力する。

channel_add.shの最初の変数を環境に合わせて書き換える。

#!/bin/sh
DBUSER="mythtv"
DBPASSWORD="password"
DATABASE="mythconverg"
$ channel_add.sh
Usage:
 channel_add.sh frequency netid tsid pid source chan_num { airguide { chan_name } }

sourceidは衛星側のビデオソースのもの、chan_numは好みのチャンネル番号を指定する。frequencyはs2scanの結果から、それ以外はTVTestに付いてくるPreset_BS.ch2、Preset_CS.ch2をCSVとして開いて見るとわかりやすい。Preset_BS.ch2(Preset_CS.ch2)のネットワークIDがnetid、TSIDがtsid、サービス IDがpidにあたる。netidはBSが4、CS1ネットワークが6、CS2ネットワークが7となる。sourceidは衛星側のビデオソースのもの、chan_numは好みのチャンネル番号を指定する。airguideに1を指定すると番組表のスキャンが有効になる(0で無効)。chan_nameにはチャンネル名が指定できる。

ただし、CSに関しては受信できるか怪しい。

(さらに…)

おすすめ


7月 18th, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , , , ,

Leave a Comment

ソースのダウンロード

$ apt-get source mythtv

パッチを当ててみる

$ cd mythtv-0.25/
$ patch -p1 < ../mythtv-isdb.patch
patching file libs/libmythtv/channelscan/channelscan_sm.cpp
Hunk #1 FAILED at 176.
1 out of 2 hunks FAILED -- saving rejects to file libs/libmythtv/channelscan/channelscan_sm.cpp.rej
patching file libs/libmythtv/channelscan/frequencytablesetting.cpp
Hunk #1 succeeded at 73 (offset 1 line).
patching file libs/libmythtv/eithelper.cpp
Hunk #1 succeeded at 217 (offset -5 lines).
Hunk #2 succeeded at 246 (offset -5 lines).
Hunk #3 succeeded at 260 (offset -5 lines).
Hunk #4 succeeded at 272 (offset -5 lines).
Hunk #5 succeeded at 317 (offset -5 lines).
Hunk #6 succeeded at 364 (offset -1 lines).
Hunk #7 succeeded at 452 (offset 4 lines).
Hunk #8 succeeded at 515 (offset 4 lines).
Hunk #9 succeeded at 524 (offset 4 lines).
patching file libs/libmythtv/frequencytables.cpp
Hunk #1 succeeded at 465 (offset 21 lines).
patching file libs/libmythtv/libmythtv.pro
Hunk #1 succeeded at 231 (offset 12 lines).
Hunk #2 succeeded at 247 (offset 14 lines).
patching file libs/libmythtv/mpeg/dvbdescriptors.cpp
Hunk #2 FAILED at 69.
Hunk #3 succeeded at 155 (offset 4 lines).
Hunk #4 FAILED at 161.
Hunk #5 FAILED at 192.
Hunk #6 succeeded at 226 (offset 6 lines).
Hunk #7 succeeded at 283 (offset 45 lines).
Hunk #8 succeeded at 309 (offset 37 lines).
3 out of 8 hunks FAILED -- saving rejects to file libs/libmythtv/mpeg/dvbdescriptors.cpp.rej
patching file libs/libmythtv/mpeg/dvbdescriptors.h
Hunk #1 succeeded at 9 with fuzz 1 (offset -6 lines).
Hunk #2 succeeded at 36 (offset -6 lines).
Hunk #3 FAILED at 99.
Hunk #4 FAILED at 252.
Hunk #5 FAILED at 561.
Hunk #6 FAILED at 594.
Hunk #7 FAILED at 1023.
Hunk #8 succeeded at 1105 (offset 49 lines).
Hunk #9 FAILED at 1448.
Hunk #10 FAILED at 1565.
7 out of 10 hunks FAILED -- saving rejects to file libs/libmythtv/mpeg/dvbdescriptors.h.rej
patching file libs/libmythtv/mpeg/dvbstreamdata.cpp
patching file libs/libmythtv/mpeg/dvbstreamdata.h
Hunk #1 succeeded at 25 (offset 1 line).
Hunk #2 succeeded at 213 (offset 1 line).
patching file libs/libmythtv/mpeg/dvbtables.cpp
patching file libs/libmythtv/mpeg/dvbtables.h
Hunk #1 FAILED at 8.
Hunk #2 FAILED at 93.
Hunk #3 FAILED at 277.
Hunk #4 succeeded at 326 (offset 2 lines).
Hunk #5 FAILED at 365.
Hunk #6 succeeded at 386 (offset 2 lines).
4 out of 6 hunks FAILED -- saving rejects to file libs/libmythtv/mpeg/dvbtables.h.rej
patching file libs/libmythtv/mpeg/isdb_decode_text.c
patching file libs/libmythtv/mpeg/isdb_decode_text.h
patching file libs/libmythtv/mpeg/mpegdescriptors.cpp
Hunk #1 FAILED at 1.
Hunk #2 FAILED at 78.
Hunk #3 FAILED at 422.
Hunk #4 FAILED at 440.
4 out of 4 hunks FAILED -- saving rejects to file libs/libmythtv/mpeg/mpegdescriptors.cpp.rej
patching file libs/libmythtv/mpeg/mpegdescriptors.h
Hunk #1 succeeded at 197 (offset 44 lines).
Hunk #2 FAILED at 180.
1 out of 2 hunks FAILED -- saving rejects to file libs/libmythtv/mpeg/mpegdescriptors.h.rej
patching file libs/libmythtv/mpeg/scanstreamdata.cpp
Hunk #1 FAILED at 4.
1 out of 1 hunk FAILED -- saving rejects to file libs/libmythtv/mpeg/scanstreamdata.cpp.rej
patching file libs/libmythtv/mpeg/scanstreamdata.h
Hunk #1 FAILED at 12.
1 out of 1 hunk FAILED -- saving rejects to file libs/libmythtv/mpeg/scanstreamdata.h.rej
patching file libs/libmythtv/tv_rec.cpp
Hunk #1 succeeded at 1819 (offset -202 lines).
$ patch -p0 <../mythtv-japanese-cat.patch
patching file libs/libmythtv/mpeg/dvbdescriptors.cpp
Hunk #1 succeeded at 317 (offset -108 lines).
$ patch -p0 < ../mythtv-subtitle.patch
patching file libs/libmythtv/eithelper.cpp
Hunk #1 succeeded at 246 (offset -5 lines).
$ patch -p1 < ../mythtv-bs.patch
patching file libs/libmythtv/dtvmultiplex.cpp
Hunk #1 succeeded at 336 (offset 32 lines).
Hunk #2 FAILED at 327.
1 out of 2 hunks FAILED -- saving rejects to file libs/libmythtv/dtvmultiplex.cpp.rej
patching file libs/libmythtv/dtvmultiplex.h
patching file libs/libmythtv/dvbchannel.cpp
Hunk #1 succeeded at 267 (offset 29 lines).
Hunk #2 FAILED at 754.
Hunk #3 FAILED at 882.
2 out of 3 hunks FAILED -- saving rejects to file libs/libmythtv/dvbchannel.cpp.rej
$ patch -p2 < ../mythtv-tuning.patch
patching file libs/libmythtv/dvbstreamhandler.cpp
Hunk #1 FAILED at 282.
1 out of 1 hunk FAILED -- saving rejects to file libs/libmythtv/dvbstreamhandler.cpp.rej

パッチを何も考えずに当ててもほぼ全滅。成功しているのは単体ではあまり意味のない部分のみ。

ISDB対応版の0.25が出るまで様子を見る他ない。

Debian-Multimediaのmythtv-0.24.2は次の方法で入手できる。

$ wget ftp://ftp.debian-multimedia.org/pool/main/m/mythtv/{mythtv_0.24.2-0.0squeeze1.dsc,mythtv_0.24.2.orig.tar.gz,mythtv_0.24.2-0.0squeeze1.diff.gz}
$ dpkg-source -x mythtv_0.24.2-0.0squeeze1.dsc

このソースはいつまでダウンロードできるんだろう。

おすすめ


5月 19th, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , , ,

Leave a Comment

PT2+FUSE_b25+MythTVをDebianで使う上で録画失敗から対策したことを対策箇所ごとにまとめる。

録画マシンへの対策

エンコードなどマシンに負荷をかけすぎると録画中、fuse_b25がsyslogに“Driver Baffar Overflowed"というエラーを出して、以降の部分が録画されなくなる。

エンコードの際は、CPUコア(スレッド)の数より少ないスレッド数を指定する。

#2コア2スレッドの場合
$ ffmpeg -threads 1 [オプション]

更にfuse_b25の優先度は高くし、エンコードの優先度を低くしておく。

/etc/rc.local、fuse_b25のマウント部分

#マウント先の数字を元のデバイスよりいくつ大きくするか
OFFSET=10
for ADAPTER in 0 1 2 3
do
	NEW_ADAPTER=`expr $ADAPTER + $OFFSET`
	/usr/local/sbin/b25dir $NEW_ADAPTER
	nice --4 /usr/local/bin/fuse_b25 --target /dev/dvb/adapter$ADAPTER /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER -o allow_other
done

ffmpegの優先度を下げる

$ nice -15 ffmpeg [オプション]

また、録画ディスクのI/Oに負荷をかけすぎても同様のことが起こるのでTsSplitterを使う場合は必ずWAITオプションを指定する。

$ wine TsSplitter.exe [オプション] -WAIT2,5

バックエンドへの対策

録画の開始時にMythTVのバックエンドが落ちることがある。PIDファイルが残るのでmythbackendのプロセスがなく、PIDファイルが残っていたら再起動させる。念のためfuse_b25の再マウントも行う。

$ sudo vi /usr/local/sbin/mythtv_check.sh

(さらに…)

おすすめ


4月 16th, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , , , , ,

Leave a Comment

DKMSはカーネルモジュールのソースパッケージを管理するシステム。これを使うとモジュールのビルド、インストールを自動化できる。これをPT2のDVB版ドライバに適用する。

DKMSのインストール

$ sudo aptitude install dkms

ソースのダウンロード・展開

$ wget http://www.linuxtv.org/hg/v4l-dvb/archive/tip.tar.gz
$ tar xvzf tip.tar.gz

ソースのディレクトリは"<パッケージ名>-<バージョン>"という名前にし、/usr/src/以下に配置する。展開された状態で"v4l-dvb-3724e93f7af5"となっているのでそのままコピーした。

/usr/src/以下にソースをコピー

$ sudo cp -r v4l-dvb-3724e93f7af5/ /usr/src/

DKMSにソースパッケージを追加するにはソースディレクトリ内に"dkms.conf"という設定ファイルを作成する必要がある。

dkms.confの作成

$ sudo vi /usr/src/v4l-dvb-3724e93f7af5/dkms.conf
#パッケージの名前
PACKAGE_NAME="v4l-dvb"
#パッケージのバージョン
PACKAGE_VERSION="3724e93f7af5"
#中間ファイルの削除コマンド
CLEAN="make clean"
#ビルドするコマンド
MAKE="make KVER=${kernelver}"
#モジュールが作成される場所(ソースディレクトリからの相対パス)
BUILT_MODULE_LOCATION[0]="v4l"
BUILT_MODULE_LOCATION[1]="v4l"
#作成されるモジュールの名前(拡張子.koは付けない)
BUILT_MODULE_NAME=[0]"dvb_core"
BUILT_MODULE_NAME=[1]"earth-pt1"
#元々のインストール先(/lib/modules/`uname -r`をルートとしたパス)
DEST_MODULE_LOCATION[0]="/kernel/drivers/media/dvb/dvb-core/"
DEST_MODULE_LOCATION[1]="/kernel/drivers/media/dvb/pt1/"
#自動更新の有効化
AUTOINSTALL="YES"

必要なモジュールはearth-pt1のみなのでearth-pt1とdvb-coreのみなので上記のようにした。他のモジュールも入れる場合BUILT_MODULE_LOCATION[2],BUILT_MODULE_NAME[2],DEST_MODULE_LOCATION[2]というようにインデックスを増やして指定する。同じインデックスで組になる。

AUTOINSTALL="YES"としておくとカーネルのアップデート時に自動的にインストールされる。(設定の有無だけを見ているので"NO"としても有効になる)

DEST_MODULE_LOCATIONは元々のモジュールを見つけるためだけに使われ、モジュールはupdates/dkms/以下にインストールされる。Ubuntu10.10以降など新しいディストリビューションでは使われるらしい。

ソースパッケージの追加

$ sudo dkms add -m v4l-dvb -v 3724e93f7af5

モジュールのビルド

$ sudo dkms build -m v4l-dvb -v 3724e93f7af5

モジュールのインストール

$ sudo dkms install -m v4l-dvb -v 3724e93f7af5

インストールされたモジュールの確認

$ sudo modprobe -l |grep earth-pt1.ko
updates/dkms/earth-pt1.ko

モジュールのアンインストール

$ sudo dkms uninstall -m v4l-dvb -v 3724e93f7af5

ソースパッケージの登録削除

$ sudo dkms remove -m v4l-dvb -v 3724e93f7af5 --all

自動インストールの動作を確認するには次のコマンドを使う。

$ sudo /usr/lib/dkms/dkms_autoinstaller start

追記:アンインストールの記述間違いを修正

2012/03/30追記: earth-pt1のモジュールが動作しなかったのでdvb-coreもdkms.confに追加。

2012/05/11追記: 上手く動かなかったのでdkms.confにBUILT_MODULE_LOCATION[1]を追加。(動作確認済み)

おすすめ


2月 4th, 2012

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , ,

Leave a Comment

簡易設置したBSのアンテナがずれてBSが受信できなくなっていたので再調整した。

DVB版ドライバで信号レベルを測定する方法が見当たらないので、chardev版ドライバをインストールして測定する。測定にはrecpt1付属のchecksignalを使う。

chardev版ドライバのインストール

ドライバの取得・展開

$ wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/tip.tar.bz2
$ tar xvjf tip.tar.bz2

ドライバのインストール

$ cd pt1-3914cc1b2375/
$ cd driver/
$ make
$ sudo make install

ツールのビルド

recpt1をビルド

$ cd ../recpt1/
$ ./autogen.sh
$ ./configure
$ make

ドライバ付属のもので問題ない。常用しないのでインストールはしない。

ドライバの入れ替え

MythTVの停止

$ sudo /etc/init.d/mythtv-backend stop

fuse_b25のマウント解除

$ sudo umount /dev/dvb/adapter{10,11,12,13}

DVB版のドライバ無効化して、chardev版ドライバを有効化

$ sudo modprobe -r earth_pt1
$ sudo modprobe pt1_drv

信号レベルの確認

DVB版と違って0,1がBS/CS、2,3が地上波になっている。地上波は物理チャンネルを指定、BSは通常のチャンネル。BSは同じ方角なので、チャンネルが古くても問題ない。

使い方

$ ./checksignal --help

Usage:
./checksignal [--device devicefile] [--lnb voltage] [--bell] channel


Options:
--device devicefile: Specify devicefile to use
--lnb voltage:       Specify LNB voltage (0, 11, 15)
--bell:              Notify signal quality by bell
--help:              Show this help
--version:           Show version
--list:              Show channel list

Available Channels:
13-62: Terrestrial Channels
101ch: NHK BS1
102ch: NHK BS2
103ch: NHK BShi
141ch: BS Nittele
151ch: BS Asahi
161ch: BS-TBS
171ch: BS Japan
181ch: BS Fuji
191ch: WOWOW
192ch: WOWOW2
193ch: WOWOW3
200ch: Star Channel
211ch: BS11 Digital
222ch: TwellV
C13-C63: CATV Channels
CS2-CS24: CS Channels

地上波

$ ./checksignal --device /dev/pt1video2 

BS

$ ./checksignal --device /dev/pt1video0 --lnb 15 101

ドライバを元に戻す

モジュールの入れ替え

$ sudo modprobe -r pt1_drv 
$ sudo modprobe earth_pt1

chardev版ドライバの無効化

トラブル防止のためにchardev版ドライバを自動的にロードしないようにする

$ sudo sh -c 'echo "blacklist pt1_drv" >> /etc/modprobe.d/blacklist.conf'

もしくは、ドライバをアンインストールしてしまう

$ sudo rm /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/video/pt1_drv.ko
$ sudo rm /etc/udev/rules.d/99-pt1.rules

後処理

fuse_b25の再マウント

$ sudo fuse_b25 --target /dev/dvb/adapter0 /dev/dvb/adapter10 -o allow_other
$ sudo fuse_b25 --target /dev/dvb/adapter1 /dev/dvb/adapter11 -o allow_other
$ sudo fuse_b25 --target /dev/dvb/adapter2 /dev/dvb/adapter12 -o allow_other
$ sudo fuse_b25 --target /dev/dvb/adapter3 /dev/dvb/adapter13 -o allow_other

MythTVの起動

$ sudo /etc/init.d/mythtv-backend start

追記:コマンドの間違いを修正

おすすめ


2月 2nd, 2012

Posted In: ソフトウェア, ハードウェア

タグ: , , , , , ,

3 Comments

wineが前回やった方法でインストールできなくなっているので何とかインストールしてみた。

作業ディレクトリを作成して移動

$ mkdir /usr/local/src/wine-unstable/
$ cd /usr/local/src/wine-unstable/

パッケージのダウンロード

$ wget http://dev.carbon-project.org/debian/wine-unstable/\
{libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-bin-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-capi-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-cms-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-dbg-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-dev-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-gl-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-gphoto2-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-ldap-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-openal-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-oss-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-print-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-sane-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
libwine-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
wine-bin-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb,\
wine-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb}

libwine-alsa-unstableが依存しているlib32asound2がsqueezeでは古いのでwineが上手くインストールできない。無理やりインストールしても問題は見当たらなかったのでlibwine-alsa-unstableのパッケージを書き換える。

libwine-alsa-unstableのパッケージを展開

$ dpkg-deb -x libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64
$ dpkg-deb -e libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64/DEBIAN

依存しているlib32asound2のバージョンを書き換え(squeezeのlib32asound2は1.0.23-2.1)

$ vi libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64/DEBIAN/control
     7  Depends: lib32asound2 (>= 1.0.23-2.1), libc6-i386 (>= 2.1.3), libwine-unstable (= 1.4~rc1-0.1)

パッケージを再構築

$ dpkg-deb -b libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64 libwine-alsa-unstable_1.4~rc1-0.1_amd64.deb

パッケージのインストール

sudo dpkg -i *.deb

依存関係の修復

$ sudo aptitude -f install
以下の、インストールが完了していないパッケージが設定されます:
  libwine-alsa-unstable{b} libwine-bin-unstable libwine-capi-unstable libwine-cms-unstable{b} libwine-dbg-unstable libwine-dev-unstable{b} libwine-gl-unstable{b} libwine-gphoto2-unstable{b} libwine-ldap-unstable{b}
  libwine-openal-unstable{b} libwine-oss-unstable{b} libwine-print-unstable libwine-sane-unstable libwine-unstable{b} wine-bin-unstable wine-unstable
インストール・削除・更新されるパッケージがありません。
更新: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
0 B のアーカイブを取得する必要があります。展開後に 0 B のディスク領域が新たに消費されます。
以下のパッケージには満たされていない依存関係があります:
  libwine-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
                    依存: lib32z1 (>= 1:1.1.4) but it is not going to be installed.
  libwine-openal-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-ldap-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-dev-unstable: 依存: libc6-dev but it is not going to be installed.
                        依存: libc6-dev-i386 but it is not going to be installed.
  libwine-cms-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-alsa-unstable: 依存: lib32asound2 (>= 1.0.23-2.1) but it is not going to be installed.
  libwine-gl-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
  libwine-oss-unstable: 依存: oss-compat but it is not going to be installed.
  libwine-gphoto2-unstable: 依存: ia32-libs (>= 20111001) but it is not going to be installed.
以下のアクションでこれらの依存関係の問題は解決されます:

      以下のパッケージを削除する:
1)      libwine-alsa-unstable
2)      libwine-bin-unstable
3)      libwine-capi-unstable
4)      libwine-cms-unstable
5)      libwine-dbg-unstable
6)      libwine-dev-unstable
7)      libwine-gl-unstable
8)      libwine-gphoto2-unstable
9)      libwine-ldap-unstable
10)     libwine-openal-unstable
11)     libwine-oss-unstable
12)     libwine-print-unstable
13)     libwine-sane-unstable
14)     libwine-unstable
15)     wine-bin-unstable
16)     wine-unstable



この解決方法を受け入れますか? [Y/n/q/?]n
以下のアクションでこれらの依存関係の問題は解決されます:

      以下のパッケージをインストールする:
1)      binutils [2.20.1-16 (stable)]
2)      gcc [4:4.4.5-1 (stable)]
3)      gcc-4.4 [4.4.5-8 (stable)]
4)      gcc-4.4-multilib [4.4.5-8 (stable)]
5)      gcc-multilib [4:4.4.5-1 (stable)]
6)      ia32-libs [20120102 (stable)]
7)      lib32asound2 [1.0.23-2.1 (stable)]
8)      lib32bz2-1.0 [1.0.5-6+squeeze1 (stable)]
9)      lib32gcc1 [1:4.4.5-8 (stable)]
10)     lib32gomp1 [4.4.5-8 (stable)]
11)     lib32ncurses5 [5.7+20100313-5 (stable)]
12)     lib32stdc++6 [4.4.5-8 (stable)]
13)     lib32v4l-0 [0.8.0-1 (stable)]
14)     lib32z1 [1:1.2.3.4.dfsg-3 (stable)]
15)     libc-dev-bin [2.11.3-2 (stable)]
16)     libc6-dev [2.11.3-2 (stable)]
17)     libc6-dev-i386 [2.11.3-2 (stable)]
18)     libgomp1 [4.4.5-8 (stable)]
19)     linux-libc-dev [2.6.32-41 (stable)]
20)     oss-compat [0.0.4+nmu3 (stable)]



この解決方法を受け入れますか? [Y/n/q/?]y
以下の新規パッケージがインストールされます:
  binutils{a} gcc{a} gcc-4.4{a} gcc-4.4-multilib{a} gcc-multilib{a} ia32-libs{a} lib32asound2{a} lib32bz2-1.0{a} lib32gcc1{a} lib32gomp1{a} lib32ncurses5{a} lib32stdc++6{a} lib32v4l-0{a} lib32z1{a} libc-dev-bin{a}
  libc6-dev{a} libc6-dev-i386{a} libgomp1{a} linux-libc-dev{a} oss-compat{a}
以下の、インストールが完了していないパッケージが設定されます:
  libwine-alsa-unstable libwine-bin-unstable libwine-capi-unstable libwine-cms-unstable libwine-dbg-unstable libwine-dev-unstable libwine-gl-unstable libwine-gphoto2-unstable libwine-ldap-unstable
  libwine-openal-unstable libwine-oss-unstable libwine-print-unstable libwine-sane-unstable libwine-unstable wine-bin-unstable wine-unstable
更新: 0 個、新規インストール: 20 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
49.7 MB のアーカイブを取得する必要があります。展開後に 129 MB のディスク領域が新たに消費されます。
先に進みますか? [Y/n/?] y

これで問題なくインストールされた。

winetricksのインストール

$ wget http://winetricks.org/winetricks
$ sudo cp winetricks /usr/local/bin/
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/winetricks

おすすめ


1月 31st, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , ,

Leave a Comment

Linux用のRDPサーバーのXRDPを導入してみた。特に設定は必要無いのでVNC単体より簡単に使うことができる。また、普段GUIを使っていない場合でもログインしている間だけGUIが起動するので無駄が少ない。

Windows標準のリモートデスクトップ接続が使えるので、Windowsにクライアントをインストールする必要がない。

XRDPのインストール

インストール

$ sudo aptitude install xrdp

インストールできたら、特に設定をする必要は無いのでWindowsから接続してみる。

image

ユーザー名とパスワードを入力するとデスクトップが表示される。

デフォルトでは「sesman-Xvnc」が使われ、VNCを経由して表示される。VNCなので音は出ない。任意のVNCサーバーやRDPサーバーに接続することもできる。

「sesman-X11rdp」という項目があり、Xを使って表示されるようだが、標準では使うことはできない。

X11rdpを導入する

X11rdpを導入するとXRDPにXが使えるようになる。ここに書かれていることを参考に導入した。

ソースのダウンロード・展開

$ cd /usr/local/src/
$ wget http://server1.xrdp.org/xrdp/x11rdp_xorg71.tar.gz
$ tar xvzf x11rdp_xorg71.tar.gz

インストール

$ sudo mkdir /opt/X11rdp #インストール先ディレクトリを作成
$ cd x11rdp_xorg71
$ sudo sh buildx.sh /opt/X11rdp #インストール先を指定する

既存の環境に影響を与えないので/opt/X11rdpにインストールした。数十分かかるのでしばらく待つ。

インストールが完了したらパスが通っているディレクトリに実行ファイルのシンボリックリンクを貼る。

$ sudo ln -s /opt/X11rdp/bin/X11rdp /usr/local/bin/X11rdp

準備ができたのでRDPで接続してみる。

色の深度は16ビットにしておく

image

「sesman-X11rdp」を使って接続する

image

デスクトップが表示される。こちらも音声のリダイレクトには対応していない様子。

参考
Install xrdp and X11rdp – the comprehensive HOWTO for Ubuntu and Debian based systems « Scarygliders

おすすめ


1月 28th, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , ,

Leave a Comment

MythTVで録画したファイルをネットワークメディアプレイヤーやWindowsクライアントから再生する方法を紹介する。

MythTVのUPnPサーバーを有効にする

MythTVにはUPnP(DLNA)サーバー機能が備わっているというが、検出されないし、その設定項目もなかった。適切に設定されてない場所を修正するとあっさり有効になった。標準機能を使うのでwizdやmediatombと組み合わせるよりも手軽。

まず、mythtv-setupを起動する。

$ mythtv-setup

"1.一般"を選び、"ホストアドレスバックエンドの設定"で"Local Backend"と"Master Backend"の"IP Address"にマシンに振られているIPアドレスを指定する。両方に同じ物を指定しないと2つが別のマシンと認識してしまうので注意が必要。次に"UPnP Server Settings"の"UPnP Media Update Time"が0になっていないことを確認する。何も設定しなくてもデフォルトは30になっている。

設定を行ったら反映させる。一般ユーザーで設定しているのでバックエンドを再起動する。

$ sudo /etc/init.d/mythbackend restart

これでDLNAクライアントなどからMythTVが検出されるようになる。

タイトル、ジャンル、日付、チャンネル、グループのいずれかで分けて表示することもできる。サーバー側で並び順が変えられないのが惜しい所。下の画像はRDLNAを使った例。

image

(さらに…)

おすすめ


1月 20th, 2012

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , , , , , ,

Leave a Comment

ローカルメールを外部に転送できなくて放置していたのを調べてみた。

持っているアドレスに手当たり次第にmailコマンドでメールを送ってみるがどこにも届かなかった。Exim4の設定はインターネットサイトになっているので問題ないがログ(Exim4は/var/log/exim4/mainlog)を見てみると"No route to host"と出ていた。そこで、プロバイダの規制がないか調べてみると原因はOP25B(Outbound Port 25 Blocking)ということがわかった。聞いたことはあったがそういうことだとは思わなかった。

プロバイダのメールサーバーを経由すればOP25Bを回避できるので、Debian標準のExim4で設定する。

Exim4の再設定

再設定コマンド

$ sudo dpkg-reconfigure exim4-config

ウィザードが表示される。メールサーバーとして使うつもりはないので必要な設定以外はデフォルトで進めていくことにする。

メール設定の一般的なタイプ
スマートホストでメール送信; SMTP または fetchmail で受信する
システムメール名
そのまま
入力側 SMTP 接続をリスンする IP アドレス
127.0.0.1 ; ::1
メールを受け取るその他の宛先
そのまま
メールをリレーするマシン
空欄
送出スマートホストの IP アドレスまたはホスト名
プロバイダのSMTPサーバーを指定
送出するメールでローカルメール名を隠しますか?
<いいえ>
DNS クエリの数を最小限に留めますか (ダイヤルオンデマンド)?
<いいえ>
ローカルメールの配送方式
/var/mail/ 内の mbox 形式
設定を小さなファイルに分割しますか?
<いいえ>

SMTP認証の設定

SMTP認証が必要なので設定する。

$ sudo vi /etc/exim4/passwd.client

例の通り追記する。

# Example:
### target.mail.server.example:login:password
プロバイダのSMTPサーバー:アカウント名:パスワード

eo光の場合

smtpauth.eonet.ne.jp:xxxx@****.eonet.ne.jp: password 

これでmailコマンドでメールが送れるようになった。

メールの転送設定

ローカルのメールサーバーは使わないのでメールを全部独自ドメインのgmailに転送する。

root(システム)

/etc/aliasesを編集する。最後の行のrootへのエイリアスに転送先メールアドレスを指定する。

$ sudo vi /etc/aliases
root: example@example.com

一般ユーザー

ホームディレクトリに.forwardという名前のファイルを作って、そこにメールアドレスを指定する。

$ vi ~/.forward
example@example.com

これでサーバーの通知メールなどが外部から受け取れるようになった。

おすすめ


10月 22nd, 2011

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , ,

Leave a Comment

« 前ページへ次ページへ »