サーバの設定をどうしたか忘れて、ごちゃごちゃしてるのも気持ち悪いので再インストールを計画中。そこで、テストサーバを作ろうと思うが、稼動してる実機を使うわけにはいかないので仮想マシンで構築する。

使うもの

  • VMWare Player 2.5.2
  • VMX Builder
  • Debian GNU/Linux 5.02

とりあえず、VMXファイルの作成

 

  1. VMX Builderを落としてきて、インストール。(VB6ランタイムが必要らしくつまづいた。.NETに吸収されたかと思ってた。)
  2. 起動して「Create New Virtual Machine」を押す。
    mkvmx000
  3. 適当なフォルダを指定
    mkvmx001
  4. 出てきたダイアログに仮想マシンの表示名を入力。(何のために聞かれたのか不明)

    mkvmx002

  5. 仮想マシンの表示名、ファイル名、使用環境の設定をする。ゲストOSにDebianの選択肢がないのでDebian系のUbuntuにした。

    mkvmx003

  6. メモリに余裕があれば”Advanced”の”Use named  memoty file”のチェックをはずす。ノートで余裕がないのでそのまま。
    mkvmx004
  7. Hardwareタブに移って、ハードウェア構成を決める。
    1. BIOSのRAMの名前が気に入らないので変更。
      mkvmx005
    2. メモリ容量を設定。 256M
      mkvmx006
    3. ディスプレイはホスト設定に合わせるようにする。 
      mkvmx007
    4. 足りないハードウェアを追加する。 
      mkvmx008
      “NetworkAdapter”、”HardDisk”、”DVD/CD-ROM Drive”を追加。音を出したければ”Audio”を追加。 
      mkvmx009
    5. “HardDisk”を選択し、”Create New”を押し、ハードディスクの容量を設定してvmdkファイルを作成。 
      mkvmx010 
    6. ほかはデフォルトのまま使う。
  8. 保存して完成
     mkvmx011

何回かやってたら覚えた。

参考
VMXbuilder – フライさんのチラシ裏

関連記事


7月 19th, 2009

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください