前回作ったVMXファイルにOSをインストール。入れるOSはDebian最新版のlenny。最小限でインストールする。

  1. フロッピードライブがないと警告、ノートにはついてない。無視して進む。 (最初から切っとけば問題ない)
    deb5inst000
  2. 物理ドライブを切断して、ディスクイメージを読ませる。 (最初からマウントしておいてもいい)
     deb5inst001
  3. ディスクがセットされたのでリセット
    deb5inst002
  4. テキストインストールだと一部機能が使えないのでグラフィカルインストール。 (今回使う機能はないけど)
    deb5inst003
  5. 言語を選択
    deb5inst004
  6. キーボードを選択
    deb5inst005
  7. マシンの名前をつける
    deb5inst006
  8. ドメイン名、テスト用なので省略
    deb5inst007
  9. ディスク全体をLVMで使う
    deb5inst008
  10. インストールするディスクを選択(ひとつしかないけど)
    deb5inst009
  11. 一応パーティションは分ける
    deb5inst010
  12. すでにOSが入ってたら聞かれる
    deb5inst011
  13. 確認が行われるので進めていく
    deb5inst012
    deb5inst013
    deb5inst014

    deb5inst015
  14. インストールが始まる
    deb5inst016
  15. rootパスワードを設定
    deb5inst017
  16. フルネームは適当
    deb5inst018
  17. ユーザ名
    deb5inst019
  18. ユーザーパスワード
    deb5inst020
  19. リポジトリの設定、近場のサーバを選択。jp.debian.orgでも近くのサーバが使われるから特に関係ない。
    (5.01から5.02に切り替わるときにインストールしたら失敗した)
    deb5inst021
    deb5inst022
  20. プロキシは特に決まってないのでそのまま
    deb5inst023
  21. 利用調査は任意で
    deb5inst024
  22. 少し待つ
    deb5inst025
  23. 最小限で後から入れる方針なので標準システムのみ。デスクトップ環境も入れようとしたけどなぜか失敗したのでチェックをはずす。
    deb5inst026
    deb5inst027
  24. しばらく待つ
    deb5inst028
  25. 他にブートローダが入ってないのでGrubを入れる。
    deb5inst029
  26. インストール完了
    deb5inst030

次は初期設定。

関連記事


7月 30th, 2009

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください