初期設定、アップデートとsshdのセットアップ

コンソールでは日本語フォントが表示できないが、lennyからrootの言語設定が日本語になっているので、日本語が化ける。環境変数の”lang”を一時的に変更。

#LANG=c

それからアップデートと最初なのでフルアップグレードをする。

#aptitude update
#aptitude full-upgrade

lennyからアップグレードのコマンドが変わってるのでいつも通り使うと警告が出る。

  • dist-upgrade→full-upgrade
  • upgrade→safe-upgrade

それからsshdのインストール

#aptitude install openssh-server

sshdの設定

/etc/sshd#vi sshd_config
# Authentication:
LoginGraceTime 120
PermitRootLogin no
StrictModes yes

rootでのログインを禁止する。

これでsshクライアントで管理できるようになった。

参考
Debian lennyとetchの違い

関連記事


7月 30th, 2009

Posted In: ソフトウェア

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください