家ではテレビにデジタルチューナーを導入しないと決まっていたので、PCで一応見れるようにとリモートでのリアルタイム視聴を視野に入れていた。http版recpt1を候補にしたが、MythTVでもfuse_b25で対応でき、MythTV Playerでリアルタイム視聴できるとわかったので、元々使っていたMythTVを引き続き使うことにした。視聴と予約録画が同じシステムにあるので、MythTVにはチューナーを効率的に活用できる利点がある。

MythTV+FUSE_b25とepgfillでパッチを当てずに常用できるが、BSが見られないなど色々と不具合があるのでパッチ当てたものを使う。ただし、依存関係やらが面倒なのでMythTVはDeb-Multimediaのものをベースにする。セットアップはPT1/PT2のDVBとMythTV @Wikiを参考にして行った。

パッチの準備

MythTVを修正するためのパッチを用意する。

2011.9.29 追記
ISDB対応パッチとカテゴリ日本語化パッチを分離。パッチの形式を変更して再作成。
2011.9.30 追記
サブタイトルの切り直しパッチを更新。("最終回"や"<新>"などの文字列に対応)
2011.11.17
サブタイトルの切り直しパッチを更新
2011.12.11
サブタイトルの切り直しパッチを更新
2011.4.21
サブタイトルの切り直しパッチを更新
2012.5.19
0.25が最新版になったことの対策と自動アップデート防止を追記

ISDB対応パッチ

番組表取得や全チャンネルのフルスキャンに対応したMythTVのISDB対応版がある。Debian-Multimediaのパッケージをベースにするため、これをそのまま使わずパッチとして利用する。

本家のソースとISDB版のソースを持ってきてパッチを作る。

$ sudo aptitude install git #gitが入っていない場合
$ w3m http://www.mythtv.org/download/mythtv/0.24.1 #本家
$ tar xjf mythtv-0.24.1.tar.bz2
$ git clone git://github.com/fukumen/mythtv.git mythtv #ISDB版
$ mv mythtv/mythtv/ isdb-mythtv
$ diff -urN mythtv-0.24.1 isdb-mythtv > mythtv-isdb.patch

ISDB対応パッチ

カテゴリ日本語化パッチ

ISDB版で取得される番組表はepgdumpとは違い、カテゴリが英語になっているので、日本語に修正する。英語でも問題ないように思えるが、カテゴリが日本語になっていないと番組表の色分けが正常に行われない。

カテゴリ日本語化パッチ

サブタイトルの切り直しパッチ

EITで取得した番組表のタイトルが番組名での録画予約に適さないのでサブタイトルを切り直すようにするパッチ。先頭の識別子と後半部分を切り出してサブタイトルの先頭につける。このパッチの正規表現では後半部分の切り出しが少し過剰になるかもしれない。

サブタイトル切り直しパッチ

サブタイトル切り直しパッチ(2011.11.17版)

サブタイトル切り直しパッチ(2011.12.11版)

サブタイトル切り直しパッチ(2012.4.21版)

BS対応パッチ

ISDB版でもBSには対応していないので無理やり対応させる。このレスを参考にデータベースにアクセスする際にTransportIDも一緒に取ってくる処理とDisEqCの無効化してBSをチューニングする処理を追加した。TSIDをつけてチューニングする処理を追加するだけでチャンネルスキャンで設定することはできない。そのため、データベースを直接操作する必要がある。チャンネル登録用スクリプトを用意したので記事の下の方を参照。

BS対応パッチ

新BS対応パッチ

チューニングバグ修正パッチ

録画に失敗しても再試行しないバグがある。それに対応するパッチがwikiのトラブルシューティングにあるので持ってくる。これを当ててからfuse_b25に異常がない限り録画に失敗することはなくなった。

チューニングパッチ

FFmpegのAAC音声切り替え対応パッチ

MythTVに内蔵しているffmpegをAACの音声切り替えに対応させるパッチ。これもwikiからもらってくる。視聴にMythTV Playerを使っていて音声切り替えでエラーが出るので効果は不明。

2011.11.16追記

Debian-Multimediaのmythtv(0.24.1+fixes20111029以降)にはこのパッチを当てられない。

ffmpegパッチ

(さらに…)

おすすめ


9月 10th, 2011

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , , , , , , ,

12 Comments

ウェブサーバーを作り直したのでメモ。

パッケージのインストール

$sudo aptitude install apache2 libapache2-mod-php5 mysql-server php5-mysql

mysqlのrootパスワードが聞かれるので入力。

Apacheの設定

セキュリティの設定とPHPの有効化の設定。

コメントをはずして、デフォルトで全てのディレクトリにローカル以外からアクセスを禁止しておく。

$sudo vi /etc/apache2/conf.d/security

 8 <Directory />
 9	AllowOverride None
10	Order Deny,Allow
11	Deny from all
12	Allow from 192.168.0.0/24 #LANのネットワーク
13 </Directory>

余計な情報をヘッダーに出力させない。

29 ServerTokens Prod

ServerSignatureをOff

40 ServerSignature Off
41 #ServerSignature On

ユーザーディレクトリでPHPが無効になっているので有効にする。

$sudo vi /etc/apache2/mods-available/php5.conf

 8 # To re-enable php in user directories comment the following lines
 9 # (from <IfModule ...> to </IfModule>.) Do NOT set it to On as it
10 # prevents .htaccess files from disabling it.
11 #<IfModule mod_userdir.c>
12 #	<Directory /home/*/public_html>
13 #		php_admin_value engine Off
14 #	</Directory>
15 #</IfModule>

Onにはするな、と書いてあるようなので素直にコメントアウト。コンテンツをuserdirで動かしていたのでPHPが全部動かなくなった。これに気付かず今回サーバーを作り直した。

必要なモジュールの有効化

$sudo a2enmod <モジュール名>

無効化

$sudo a2dismod <モジュール名>

Apacheの再起動

$sudo /etc/init.d/apache2 restart (さらに…)

おすすめ


2月 18th, 2011

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , , , ,

Leave a Comment

WordPressが使い物にならない位おかしかったので、サーバーを入れなおした。(WordPress入れなおせばいい話だが)かなり強引に推し進めた。またやる時はきっと見れないけどメモ。WordPressは未だ戻りきってない。

手順として

  1. バックアップ
  2. 仮想鯖の設置
  3. 再インストール・セットアップ

(さらに…)

おすすめ


8月 2nd, 2009

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , ,

Leave a Comment