ウェブサーバーを作り直したのでメモ。

パッケージのインストール

$sudo aptitude install apache2 libapache2-mod-php5 mysql-server php5-mysql

mysqlのrootパスワードが聞かれるので入力。

Apacheの設定

セキュリティの設定とPHPの有効化の設定。

コメントをはずして、デフォルトで全てのディレクトリにローカル以外からアクセスを禁止しておく。

$sudo vi /etc/apache2/conf.d/security

 8 <Directory />
 9	AllowOverride None
10	Order Deny,Allow
11	Deny from all
12	Allow from 192.168.0.0/24 #LANのネットワーク
13 </Directory>

余計な情報をヘッダーに出力させない。

29 ServerTokens Prod

ServerSignatureをOff

40 ServerSignature Off
41 #ServerSignature On

ユーザーディレクトリでPHPが無効になっているので有効にする。

$sudo vi /etc/apache2/mods-available/php5.conf

 8 # To re-enable php in user directories comment the following lines
 9 # (from <IfModule ...> to </IfModule>.) Do NOT set it to On as it
10 # prevents .htaccess files from disabling it.
11 #<IfModule mod_userdir.c>
12 #	<Directory /home/*/public_html>
13 #		php_admin_value engine Off
14 #	</Directory>
15 #</IfModule>

Onにはするな、と書いてあるようなので素直にコメントアウト。コンテンツをuserdirで動かしていたのでPHPが全部動かなくなった。これに気付かず今回サーバーを作り直した。

必要なモジュールの有効化

$sudo a2enmod <モジュール名>

無効化

$sudo a2dismod <モジュール名>

Apacheの再起動

$sudo /etc/init.d/apache2 restart (さらに…)

2月 18th, 2011

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , , , , ,

Leave a Comment

Debian 6.0(squeeze)にKVM環境をインストールする。管理ツールはaptでインストールできで操作が簡単なvirt-managerを使う。

パッケージのインストール

$sudo aptitude install virt-manager qemu-kvm hal

halが入ってないとネットワークデバイスが取得できないので一緒にインストールする。

パッケージをインストールしたら、libvirtグループに管理するユーザーを登録する。

$sudo adduser <ユーザー名> libvirt

ブリッジデバイスの作成

設定が勝手に変わらないようにNetwork Managerを削除

$sudo aptitude remove network-manager

ブリッジにするデバイスの構成をmanualして、ブリッジに設定を記述する。

auto eth0 iface eth0 inet manual auto br0 iface br0 inet static   address 192.168.0.10   network 192.168.0.0   netmask 255.255.255.0   broadcast 192.168.0.255   gateway 192.168.0.1   bridge_ports eth0 #ブリッジにするデバイス   bridge_stp off #STPをOff

再起動

KVMとブリッジを有効にするために再起動する。

$sudo reboot

virt-managerの起動

メニューバーから「アプリケーション」→「システムツール」→「仮想マシンマネージャ」。または、コマンドで起動する。

$virt-manager

ゲストはウィザードで簡単に作成できる。


2月 18th, 2011

Posted In: ソフトウェア

タグ: , , , ,

Leave a Comment